ジグソーパズルで考える総合型地域スポーツクラブ

個数:

ジグソーパズルで考える総合型地域スポーツクラブ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月22日 15時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 197p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784469265125
  • NDC分類 780.6
  • Cコード C3075

内容説明

それぞれの形のジグソーパズルを完成させた全国11クラブの実践者が先進的事例を報告するほか、クラブづくりを研究・支援する44名の執筆者がクラブの在り方や運営方法などを明かす。

目次

プロローグ 地域スポーツの未来を考える
第1章 総合型地域スポーツクラブの設立に向けて―はじめの一歩
第2章 総合型地域スポーツクラブの運営方法―人づくりと場づくり
第3章 総合型地域スポーツクラブの事例に学ぶ
第4章 総合型地域スポーツクラブの必要性と社会的役割―スポーツ界の流れ
補章 海外スポーツクラブ事情

著者紹介

黒須充[クロスミツル]
1958年福島県生まれ。1983年筑波大学大学院体育研究科修士課程修了。福島大学教育学部助教授スポーツ社会学専攻。特定非営利活動法人クラブネッツ理事長。1995年4月から1996年1月までの10ヵ月間、ドイツケルン体育大学スポーツ社会学研究室に留学。帰国後、日本にも地域を基盤としたスポーツクラブの必要性を感じ、水上氏とともにクラブネッツを設立。さらに、2001年7月には、大学が有する様々な資源を地域で生かすことを目的に、「福島大学スポーツユニオン」を設立。現在、福島県富岡町との共同研究のなかで、総合型地域スポーツクラブの設立に向けた調査研究やアドバイザーをつとめている

水上博司[ミズカミヒロシ]
1965年広島県生まれ。1990年広島大学大学院学校教育学研究科修士課程修了。三重大学教育学部助教授スポーツ社会学専攻。特定非営利活動法人クラブネッツ副理事長。1987年から「みんなのスポーツ全国研究会」(会長:粂野豊)と「広島コミュニティスポーツ研究会」(代表:荒井貞光)に所属。日本全国の地域スポーツ活動の実践者と交流し、多くの刺激を受ける。1998年5月にはクラブネッツを設立。以後、事務局を担当する。また、1998年12月から岸和田市山直中学校区のスポーツクラブづくりに関わり、フィールドワークを続けている。地域スポーツ振興における「クラブ文化論」の必要性を主張している