相撲、国技となる

個数:

相撲、国技となる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月22日 06時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784469265026
  • NDC分類 788.1
  • Cコード C3075

内容説明

明治四十二年開館、鉄筋構造ドーム屋根、東洋一の大きさの国技館は、従来の相撲場が直前に木材を組んで作り、興行が終わればすぐ取り壊す掛小屋だったことを考えると、革新的なものであった。しかし、国技館設立の目的は相撲場の改革だけではなく、相撲道の改革にもあった。相撲を品位あるものとし、真のプロスポーツにすることを目指したもので、投げ祝儀の禁止、力士の羽織袴での場所入り、行司の烏帽子直垂着用、幟・積樽の廃止、東西対抗制導入などはこの一環であった。これらの改革なくして、名実共に国技の地位を得るのは難しかったと言える。

目次

第1章 相撲禁止論から天覧相撲へ―明治初めの起死回生
第2章 回向院の掛け小屋興行―雨天につき本日休業
第3章 常設館設立へ―このままでは外国人に見せられない
第4章 ドーム屋根の国技館誕生―開館場所は連日大入り
第5章 風紀を正す―品格あるプロスポーツをめざして
第6章 力士同盟、新橋倶楽部にこもる―報酬制度の改革
第7章 千秋楽の熱気―東西対抗制が闘争心を高揚
第8章 時代にあった番付に―十両の増員と行司の完全年功序列化

著者紹介

風見明[カザミアキラ]
早稲田大学理工学部大学院修士課程を終了後、三洋電機(株)に入社し、もっぱら、半導体の開発に従事。ユニークなICシステムを開発し、多数の特許をとるとともに、『ハイブリッドICとその応用』(共著、パワー社)にまとめた。現在、法政大学非常勤講師