スポーツ倫理を問う

個数:
  • ポイントキャンペーン

スポーツ倫理を問う

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 242p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784469264531
  • NDC分類 780.1
  • Cコード C3012

内容説明

本書は、現代スポーツが投げ掛けるさまざまな難問に、「感情論」や「損得勘定論」ではなく、倫理的な立場から誠実に応答し、読者に難問を解くための指針を提供しようとした共同レポートです。現代スポーツの病理を冷静に見きわめ、スポーツの変革を促すために、対症療法ではなく、根本的な治療方針を処方箋として書くように努めました。「エピローグ」の空想座談会は、嘉納治五郎、クーベルタン、岡部平太、人見絹枝なら現代スポーツの難問にどのように応答するのかを想定して、彼らの文献を調べあげて書いたものです。

目次

第1章 スポーツと社会の倫理学
第2章 競争と公正の倫理学
第3章 個人と自律の倫理学
第4章 弱者と強者の倫理学
第5章 スポーツと暴力の倫理学
第6章 勝者と敗者の倫理学
第7章 スポーツと公共の倫理学