篠沢フランス文学講義〈3〉ベル・エポックの輝き

個数:

篠沢フランス文学講義〈3〉ベル・エポックの輝き

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月19日 22時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 337p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784469250305
  • NDC分類 950.2

内容説明

楽しく読めるフランス文学史。むずかしいことも平易な表現で語る卓抜な技能の持主・篠沢教授が、切り口も鮮やかに作家・作品・時代を見せてくれるフランス文学の名講義。

目次

第1章 熱血の世紀末(クローデルのランボー体験;言葉の力;キリスト教全体の縮約;全体劇の夢)
第2章 二重構造の緊張(南北問題と宗教対立;欲望からの開放;マラルメ―ワイルド―バレス;旅行と戦争;無償の行為は行動指針か;背徳と求道;レシとロマン)
第3章 内面世界と時間の流れ(パリとイリエ;コンドルセとシヤンス・ポ;それは今どうなっているのか;終りから始まる物語)
第4章 混沌への恐怖(戦前の知的権威;合理主義と神秘的体験;墓場と不滅性;指導者から詩人へ)
第5章 消え行く夢想(象徴派の愁い;少年の恋;『モーヌの大将』と『ドミニック』;『モーヌの大将』と『狭き門』)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hepatica nobilis

1
時代は少し前後するが、プルースト、ジッド、クローデル、ヴァレリーに20世紀前半の4巨匠と、ベルエポック時代のマイナー作家たちを取り上げる。フルニエ(グラン・モーヌ)とフロマンタン(ドミニク)はここで知ったため、恩ある著書。講義がもとになっているため、脱線も多いが大変良い。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/206138

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。