七五調のアジア―音数律からみる日本短歌とアジアの歌

個数:

七五調のアジア―音数律からみる日本短歌とアジアの歌

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月17日 00時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 282p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784469222135
  • NDC分類 911.102
  • Cコード C3081

目次

1 音数律から見たアジアの歌文化―序にかえて
2 アジアの中の和歌
3 中国古典詩の音数律―対偶性と人為性
4 南島歌謡の音数律
5 アイヌ歌謡と音数律
6 アジア辺境国家の七五調―ペー族の五・七音音数律を遡る
7 定型詩の呪力の由来―中国壮族のフォンの場合
8 漢族の声の歌における歌詞の規則性と多様性―中国陝西省紫陽県漢族の掛け合い歌を事例に
9 ヤミ歌謡に音数律は有るのか?
10 ホジェン族民謡のリフレインのルーツを探る
11 アジアの歌文化と日本古代文学―あとがきにかえて

著者等紹介

岡部隆志[オカベタカシ]
栃木県出身。明治大学大学院文学部前期課程修了。共立女子短期大学教授

工藤隆[クドウタカシ]
1942年栃木県生まれ。東京大学経済学部卒業、早稲田大学文学研究科大学院(演劇専修)修士課程修了、同博士課程単位取得退学。大東文化大学文学部教授

西條勉[サイジョウツトム]
1950年(昭和25)北海道別海町生まれ。早稲田大学大学院文学研究科単位取得満期退学。専攻;日本古代文学・神話学。現職;専修大学教授。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kozawa

2
中国周辺の少数民族にも多く見られる七五調(?)。日本の七五調と結びつけて東アジアの七五調を見る。野心的と言っていい気はする。しかし。日本の其れは今迄の研究を元に、何故六や八ではなく七五調が合うのかについて踏み込んでいるのにもかかわらず、中国のそれへの踏み込みが甘い上に、音韻の違う日本と古典中国漢詩のそれとが何故類似しているのかも踏み込み切れているとは言い難い。や、専門的に踏み込んだ記述も少なくないので私が読み取り切れてない部分がある可能性はあるがそれにしても、古典漢詩については書かなくても前提なのか。2011/03/23

竜王五代の人

0
「漢詩入門 (岩波ジュニア新書)」で、和歌-俳句と七言-五言の関係が似ているのでは、という思い付きを得たので知見が得られないかと読んでみたが、関係なかった。それはそれとして8モーラと〈二音の環〉と意味との調整用の休止を加えて日本語の七五調を導き出した坂野信彦の発想は腑に落ちる。しかし、8モーラと調整休止という人間の生理に基づいたものなのに、アジア各国で厳密に適応できるかと言えばそうでもないところがよく分からないところ。あと、中国チョワン族のフォンという地域ごとにリズム違いで根付いた歌の話が興味深かった。2021/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2485822

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。