宮沢賢治―幻の郵便脚夫を求めて

個数:

宮沢賢治―幻の郵便脚夫を求めて

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年02月20日 01時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784469222067
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C3091

内容説明

賢治文学の使命と試練の象徴としての「郵便脚夫」。未来時制に配達される手紙のような物語が、いままさに読まれ始める。

目次

秋田街道
詩「屈折率」
詩「春と修羅」
詩「蠕虫舞手(アンネリダタンツエーリン)」
どんぐりと山猫
注文の多い料理店
水仙月の四日
かしはばやしの夜
土神ときつね
鹿踊りのはじまり
黄いろのトマト
「雁の童子」など
やまなし
セロ弾きのゴーシュ
詩「鉄道線路と国道が」など
ざしき童子のはなし
風の又三郎
詩「無声慟哭」三部作
詩「青森挽歌」
銀河鉄道の夜
再び郵便文学について―「光の手紙」をどう受け取るか

著者等紹介

吉田文憲[ヨシダフミノリ]
1947年秋田県生まれ。詩人。1976年詩集『衰弱』を刊行、以後『花輪線へ』『人の日』『遭難』『移動する夜』など。2001年『原子野』で晩翠賞、2006年『六月の光、九月の椅子』で山本健吉文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。