投馬国は対馬にあった―官話で読み解く『魏志倭人伝』

個数:

投馬国は対馬にあった―官話で読み解く『魏志倭人伝』

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 176p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434271298
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C0021

内容説明

邪馬台国論争に終止符を打つ注目の書!官話とは広大な中国を統治する為に歴代王朝の官僚が使用した共通語である。

目次

第1章 「官話」で書かれた中国の史書
第2章 倭を取り巻く国際情勢
第3章 海洋民族の倭
第4章 対馬=投馬論を検証する
第5章 魏志倭人伝を官話で読む
第6章 女王の都はどこか

著者等紹介

島田正信[シマダマサノブ]
神戸大学卒業。79年より中国関係の仕事に従事する。中国居住延べ17年。訪中歴は百回を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。