幸福の商社、不幸のデパート―僕が3億円の借金地獄で見た景色

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434237645
  • NDC分類 916
  • Cコード C0030

内容説明

億単位のカネが怒濤のように流れては消え、また流れこんできていた2000年代初頭のベンチャーシーン。若手起業家として独立し、この世の春を謳歌していた著者だったが、上場直前で内紛をきっかけに会社から追放され、個人保証を入れていた3億円の借金だけが残る。月々の返済額は500万円。仕事もなく返す当てのないままに利子だけが際限なく膨らんでいく悪夢のような現実。いったいどうすれば這い上がれるのか―。ビジネス界の天国と地獄を経て、さらに這い上がった著者が見た、現代日本に流れているお金の本質。

目次

1 欲望とカネの世界(借金の泥沼で見た光景;人生の分岐点はどこにあるのか? ほか)
2 こうしてお金の流れは止まる(天啓のごとく降りてきた「完璧なアイデア」;私財を投じてでもチャンスに賭ける ほか)
3 脱出不能の借金の穴(どうすれば脱出できるのか?;金があったら幸せになれるか? ほか)
4 地獄で知った「お金のからくり」(世の殺人事件はほとんどが女か金に起因する;返せなければ返さなくていいのか? ほか)
5 幸福の商社、不幸のデパート(「『思考は現実化する』なんてバカバカしい」と思っていた;成功本の成功法則を全部やったらどうなるか? ほか)

著者等紹介

水野俊哉[ミズノトシヤ]
1973年生まれ。本業はビジネス書作家。大学卒業後、金融機関に就職。退職後、ベンチャー起業をするが、上場の一歩手前で急激に業績が悪化、取締役を解任される。さらに個人保証を入れていたため、3億円の負債を抱えることに。その後、絶望から這い上がり、経営コンサルタントとして数多くのベンチャー企業経営に関わりながら、世界中の成功本やビジネス書を読破、成功法則を研究する。著書は、シリーズ10万部突破のベストセラーとなった『成功本50冊「勝ち抜け」案内』(光文社ペーパーバックス)の他、多数。現在は自ら立ち上げた出版社2社のオーナー業の傍ら、執筆やコンサルティング、プロデューサー業を営んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おおたん

7
サクッと読めました。水野氏の本を読んでおり、同著の過去を知ることができる本だと知り、購入しました。なかなか壮絶な過去というか、成功から失敗までの流れは、一つのドラマのようでした。私も規模は違いますが、起業して失敗しているため、少なからず理解できることや共感することもあり、すんなりとストーリーを読み込むことができました。起業したいと思っている方や副業をしようと思っている方は、一度、ノンフィクションであるこの本を読んでみてもいいと思います。2020/06/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12311155

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。