被爆クスノキの追憶―人々に生きる力をくれた大樹の物語

個数:

被爆クスノキの追憶―人々に生きる力をくれた大樹の物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月20日 06時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 31p/高さ 19X26cm
  • 商品コード 9784434192982
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0793

内容説明

昭和二十年八月九日、長崎に原爆が投下された。悲しみに沈む町で新しい芽を出した山王神社の大樹は人々を勇気づけてくれた。

目次

大きなクスノキ
希望の芽吹き
聞こえてきた言葉
歴史の証人
初めての記憶
家族との別れ
空襲の時
一九四五年八月九日
地獄の炎
一本柱となった鳥居
生きる力
命のともしび
受け継がれる祈り
平和のメッセージ

著者等紹介

渡部富重[ワタベトミシゲ]
1942(昭和17)年長崎市銭座町生まれ。1945(昭和20)年8月9日疎開先長崎県西彼杵長与村で被爆。1945(昭和20)年8月9日・10日長崎入市被曝。1955(昭和30)年長崎市内、被爆クスノキがある近くの町に移り住む。1961(昭和36)年三菱製鋼(株)長崎製鋼所入社。退職後高圧電気技術者(一種)として大手の二社に嘱託社員勤務。現在は観光ガイド、平和案内人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。