小説 太虚―大塩平八郎と安岡正篤

個数:
  • ポイントキャンペーン

小説 太虚―大塩平八郎と安岡正篤

  • 亀井 俊郎【著】
  • 価格 ¥1,188(本体¥1,100)
  • 朱鳥社(2011/09発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 22pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 95p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434159022
  • NDC分類 913.6

内容説明

嘗て安岡正篤は大学寮で大塩平八郎の『洗心洞箚記』を討議講述したことがある。のちに安岡が学監をつとめた金〓(けい)学院(昭和2年創設)で「箚記」について再び講義し、聴講者の一人がそれについての意見・感想をしたためるという構想のもとに書いた思想・哲学小説である。

著者紹介

亀井俊郎[カメイトシロウ]
1927(昭和2)年8月19日生まれ。医師・医学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)