柏艪舎ネプチューン(ノンフィクション)シリーズ<br> 根岸の里と子規と律

個数:
  • ポイントキャンペーン

柏艪舎ネプチューン(ノンフィクション)シリーズ
根岸の里と子規と律

  • 柏艪舎【編】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 柏艪舎(2011/08発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 07時33分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434158339
  • NDC分類 291.36

内容説明

文人、芸人、芸者衆から掏摸の大親分まで、根岸を住まいとした江戸っ子達を活写した、『呉竹の根岸の里』と『根岸夜話』。37年前に自費出版されたこれら二冊の復刻に加え、著者大熊利夫氏の子息大熊利昭氏、初代林家三平師匠夫人海老名香葉子氏、正岡子規の支援者、陸羯南の曾孫である最上武雄氏、に今昔のエピソードを執筆いただき、できあがったのが本書である。

目次

呉竹の根岸の里 序文((初代)林屋三平)
根岸夜話序文 根岸の四季((初代)林屋三平)
根岸の今昔(海老名香葉子)
おばあちゃまは陸羯南の娘―葉山で過ごした日々(最上武雄)
父の生い立ちと根岸(大熊利昭)
呉竹の根岸の里(大熊利夫)
根岸夜話(大熊利夫)
生い立ち(大熊利夫)
根岸の人物リスト

出版社内容情報

「坂の上の雲」の世界がありありと―
文人墨客、各種芸人、芸者衆から掏すり摸の親分までが住み親しんだ根岸の里。
これぞ江戸下町の人間模様―同時代を生きた生き証人たちがここに蘇らせる

〈本書に寄稿してくださった方々〉
大熊利夫:根岸に生きた人々を研究し、本書収録の『呉竹の根岸の里』『根岸夜話』をまとめた。
大熊利明:大熊利夫氏の息子。衆議院議員。本書に『父の生い立ちと根岸』を寄稿。
〈初代〉林家三平:根岸に生まれ育つ。『呉竹の根岸の里』『根岸夜話』への序文に風流豊かに根岸を描写。
海老名香葉子:初代林家三平の妻。本書に『根岸の今昔』として根岸に来てからの思い出を寄稿。
最上武雄:陸羯南のひ孫。祖母を通して、陸羯南と7 人の娘たちについて語る。