柏艪舎文芸シリーズ<br> 身近なニョモのきざし―アルゼンチンのこびとたち

個数:
  • ポイントキャンペーン

柏艪舎文芸シリーズ
身近なニョモのきざし―アルゼンチンのこびとたち

  • 本間 善久【著】
  • 価格 ¥1,404(本体¥1,300)
  • 柏艪舎(2011/05発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 26pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434156236
  • NDC分類 296.5

内容説明

日本の裏側の国、アルゼンチンで妖精が存在する兆しを感じた著者は、その後、続けて不思議な体験をすることになった。小さな妖精、“ニョモ”は実在するのか、それとも幻想なのか。南米各地を舞台に綴られる、幻想旅行エッセイ。

目次


五線譜
蓑虫
熱狂のフォルクローレ・フェスティバル
地球最南端の街
思いがけないバリローチェ行き
クルミの殻
渓流釣り
黄金色の魚ドラド
世界ラリー選手権戦とサッカーナショナルリーグ戦
盆栽の森

著者紹介

本間善久[ホンマヨシヒサ]
1945年、新潟県生まれ、北海道大学大学院博士課程修了、農学博士。農林水産技官を2005年に定年退職。その間約35年、国内外で研究生活。専攻は植物病理学。専門著書(共著)の他、自然観察エッセイがある。札幌市在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本の裏側の国、アルゼンチンで妖精が存在する兆しを感じた著者は、その後、続けて不思議な体験をすること
になった。 小さな妖精、“ ニョモ” は実在するのか、それとも幻想なのか。 南米各地を舞台に綴られる、幻想旅行エッセイ。

著者略歴 本間善久(ほんま よしひさ)
1945 年、新潟県生まれ、北大大学院博士課程、農博。農林水産技官を2005 年に定年退職。その間約35 年、国
内外で研究生活。専攻は植物病理学。専門著書(共著)の他、「茸の森の私空間」(柏艪舎)、「右巻きの朝顔」( 新風社)などの自然観察エッセイがある。札幌市在住。