Parade books<br> 心の情報処理能力を向上させるための方法

個数:
電子版価格 ¥359
  • 電書あり

Parade books
心の情報処理能力を向上させるための方法

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 68p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434155116
  • NDC分類 007.6

目次

第1章 情報=形・構造(情報にはさまざまな定義がある;情報は世界に表されている ほか)
第2章 触運動覚(ボールをなで回してみる;「触運動覚=皮膚感覚+深部感覚+運動」 ほか)
第3章 視覚と触運動覚(視覚と触運動覚を比較してみる;視覚情報は触運動覚で読み取られる ほか)
第4章 身体イメージ(心は最初に身体を感じ次に世界を感じる;身体イメージ精密化→触運動覚能力向上 ほか)
第5章 情報処理随伴性(情報処理随伴性は、情報処理を連合する;情報処理随伴性を理解し利用しよう ほか)

著者紹介

加藤大治[カトウダイジ]
1977年生まれ。東邦大学卒(理学部生物学科)。約7年間、能力開発の会社に事務・営業で働いた。2010年父親の実家に引っ越した。現在、契約社員のような立場で働いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)