誰にでも解る尖閣諸島と亡国の憲法第九条

個数:

誰にでも解る尖閣諸島と亡国の憲法第九条

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 150p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784434153020
  • NDC分類 392.1
  • Cコード C0031

内容説明

目まぐるしく流動する昨今の世界情勢は、日本列島を激流の中に引きずり込む勢いである。この危機をどう乗り切っていくか!?これまでタブー視されてきた「第九条」に大胆に挑む。

目次

1 日本国を取り巻く現状
2 日本国憲法制定の隠された真実
3 日本人としてのアイデンティティー
4 日本の政治と北方領土
5 竹島と尖閣諸島
6 日本国の対応
7 亡国の憲法第九条
8 わが国の防衛
9 わが国の抱える防衛の問題点
10 スイスの国防

著者等紹介

工藤隆哉[クドウリュウヤ]
1948年(昭和23年)宮城県生まれ。慶応義塾大学法学部政治科卒業。東京の船会社入社。退社後、フリーになり各国を旅する。予備校講師などを経てクラフトサロン「風雅堂」を開店する。「風雅堂店主」のペンネームでエッセイ等を書く。2007年、文芸社より『山と旅と歌と』を出版(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。