誰にでも解る尖閣諸島と亡国の憲法第九条

個数:
  • ポイントキャンペーン

誰にでも解る尖閣諸島と亡国の憲法第九条

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 150p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784434153020
  • NDC分類 392.1
  • Cコード C0031

内容説明

目まぐるしく流動する昨今の世界情勢は、日本列島を激流の中に引きずり込む勢いである。この危機をどう乗り切っていくか!?これまでタブー視されてきた「第九条」に大胆に挑む。

目次

1 日本国を取り巻く現状
2 日本国憲法制定の隠された真実
3 日本人としてのアイデンティティー
4 日本の政治と北方領土
5 竹島と尖閣諸島
6 日本国の対応
7 亡国の憲法第九条
8 わが国の防衛
9 わが国の抱える防衛の問題点
10 スイスの国防

著者紹介

工藤隆哉[クドウリュウヤ]
1948年(昭和23年)宮城県生まれ。慶応義塾大学法学部政治科卒業。東京の船会社入社。退社後、フリーになり各国を旅する。予備校講師などを経てクラフトサロン「風雅堂」を開店する。「風雅堂店主」のペンネームでエッセイ等を書く。2007年、文芸社より『山と旅と歌と』を出版(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)