頭の問題―精神医学におけるライフスタイル論の新展開 (〔改装版〕)

個数:
  • ポイントキャンペーン

頭の問題―精神医学におけるライフスタイル論の新展開 (〔改装版〕)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月05日 05時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 216p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434152382
  • NDC分類 498.39

目次

1章 身近なことから発達障害のイメージをつくる
2章 精神疾患にはつながりがある
3章 ワーキングメモリの概念と仕組み
4章 薬物療法への信頼性の根拠となるもの
5章 脳波と精神症状の関係性
6章 神経症論を振り返る
7章 精神疾患と向き合うための概念と具体的方法論
8章 第二言語習得とワーキングメモリの関係
9章 経済問題、環境問題と精神医学的問題のつながり
10章 結論

著者紹介

佐野史生[サノフミオ]
1983年大阪に生まれる。2007年東京国際大学国際関係学部卒業。大学卒業後、会社員、アルバイトなど転々と仕事を変える。仕事への不適応状態とうつ病が悪化し、精神科への通院を始める。そのころから徐々に精神医学に興味を持ち出す。病状があまり改善しないことから、これまで行ってきた薬物療法などの治療法に疑問を抱き始め、自ら試行錯誤を続け、関係する文献に目を通すようになり、精神疾患とライフスタイルの関係について独自の視点を持つようになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)