天変地異の予測学

個数:
  • ポイントキャンペーン

天変地異の予測学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 11時05分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434152061
  • NDC分類 453.3

内容説明

『二一世紀版日本の歴史』で人類史を支配する異常気象の法則を解いた著者が巨大地震発生のメカニズムと残された航空機事故の謎を解明。ここに天変地異の予測学を確立。

目次

第1章 天変地異予測学の基礎(太陽活動は二〇一三年をピークに停滞期に入り、ミニ氷河期を迎える;三つの極小期を含む小氷期が、一四世紀半ばから一九世紀半ばに ほか)
第2章 地球が生きている限り、地震は起こり続ける(「プレート」が動いているため、地震は必ず起こる;直下型地震は、「陸のプレート」同士がぶつかりあい、震源は内陸部のプレート内型地震 ほか)
第3章 日本列島の地殻は順次動き一一〇〇年周期で同じ地域に同じ規模の地震が起きている(地殻マントルの下部にマグマが厚く底付けされ、そのマグマが地表に噴出したものが火山である;日本列島は、年間に数ミリ大陸から離れ続けているので、一〇〇〇年で数メートル離れていることになる ほか)
第4章 事故集中度合いからみると七件以上事故は、すべて特異日圏(井上赳夫先生は、「特異日・特異日圏」の発見の過程で、独自の地震予測方法も確立された;歳差偶力も含めて、異なる振幅・周波数の波が重なって、元の波とは別の意味を持つ「二三日周期」の波がつくられている ほか)
世界の航空機事故

著者紹介

山口慶一[ヤマグチケイイチ]
1963年群馬県渋川市生まれ。日本大学農獣医学部食品経済学科卒。日本大学大学院農学研究科卒。大学時代に稲作と気象との関係を主題として研究を進め、東京大学農学部の金沢夏樹教授に師事。米についての研究に没頭。その後、家業である群馬製粉株式会社に勤務するかたわら、原田常治先生、西宮史朗先生、井上赳夫先生、正村史朗先生に、太陽活動、気象、食糧生産の密接不可分な関係を多角的に師事していただき、独自に研究を続ける。現在、群馬製粉株式会社、取締役社長として、お米を中心にした日本の新しいオリジナル食材を世界に発信し注目を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)