チベットの大地へ―Travelling on Tibetan Plateau

個数:

チベットの大地へ―Travelling on Tibetan Plateau

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 183p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434150159
  • NDC分類 292.29
  • Cコード C0026

内容説明

2007年夏、6年ぶりに訪れたチベット…そこで著者が見たものは、抜けるような青空の下に広がるチベットの大地、鮮やかな配色とバター灯の光で彩られた神秘的なチベット仏教、そして信仰をより所にして日々の生活を営む穏やかで人懐こいチベット人の姿だった。同時に、中国共産党による侵略・支配が産み出した社会矛盾も恒間見えた。中国の大地と伝統文化に憧れ、6年間に及ぶ中国での留学・現地就職生活を送ってきた私だったが、それらを目の当たりにして心を揺さぶられ、やがて中国よりもチベットに深く心を寄せるようになっていく。また、それまで全く無関心だった宗教・信仰に対する価値観も変容していく。そしてチベットを離れた後、著者は何かに導かれるようにして、チベット亡命政府のあるインド・ダラムサラへと向かうのだった…。

目次

第1章 デチェン―友の墓標
第2章 ラサへの道―中国からチベットへ
第3章 ラサ(1)―チベットは誰のもの?
第4章 ラサ(2)―祈り、巡礼、五体投地
第5章 ラサ(3)―失われたチベットの風情
第6章 南チベット―信仰心の開花
第7章 ネパール、インド―亡命者たち

著者等紹介

和蔵一起[ワクラカズキ]
1969年富山県生まれ。和歌山、名古屋育ち。京都大学文学部史学科卒。新聞社勤務(校閲、整理担当)後、2001年から中国で留学・就職。2007年、中国生活に見切りを付け帰国(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。