Haruka selection<br> いのちを生きる いのちと遊ぶ―the philosophy of life

個数:
  • ポイントキャンペーン

Haruka selection
いのちを生きる いのちと遊ぶ―the philosophy of life

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 09時48分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784434105548
  • NDC分類 914.6

内容説明

生の根底を脅かすほどの孤独や不安、障害や差別、抑圧や暴力にさらされたとき、人は何を拠り所に生きたらよいのか。絶望の闇と希望の光のはざまに生きる人の壮絶な生に迫りながら、いのちを守り、いのちを弾ませるためには何が必要か、熱く語りかけて、胸を打つ。

目次

1 ナポリ・アテネ放浪記―僕の路上絵商売
2 愛の実験台―生野の康秀峰さん
3 “自分”という問題―ジジとクーとゾンの対話
4 なぜ少女は母にタリウムを投与したか―ブログ「グルムグンシュ」を読む
5 遊ぶひとは遊ぶ眼をもって―福森慶之介さん創作訪問記
6 魂といのちのイマージュ、絵を描くこと―すこし長いあとがき

著者紹介

清眞人[キヨシマヒト]
1949年生まれ。早稲田大学政経学部卒業、同大学院文学研究科哲学専攻・博士課程修了。近畿大学文芸学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)