『教行信証』講義<br> 浄土を本国としてこの世を生きる―阿弥陀仏の本願をあきらかにする 魔と擬似宗教からの解放『教行信証』真仏土巻・化身土巻

個数:
  • ポイントキャンペーン

『教行信証』講義
浄土を本国としてこの世を生きる―阿弥陀仏の本願をあきらかにする 魔と擬似宗教からの解放『教行信証』真仏土巻・化身土巻

  • 竹中 智秀【著】
  • 価格 ¥2,808(本体¥2,600)
  • 樹心社(2007/03発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 52pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 12時03分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 301p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784434104541
  • NDC分類 188.73

内容説明

生きる場が地獄化している現状にあって、常に不安におびえて生きている私たち。この人間の現実が抱えている闇に光を当て、「いかに生きることが本当か」という問いを切り開き、真に安住して生きることのできる「真実の国」ということを、『教行信証』から学び説く。

目次

浄土を本国としてこの世を生きる―魔と擬似宗教からの解放(真仏土巻―涅槃界と報土としての浄土;化身土巻―わが内なる闇を破る果遂の誓い;化身土巻末巻―国王論・鬼神論)
真宗儀式の源流とその意義―報恩講を中心にして(「法然上人御仏事表白」文より始まる二つの仏事;親鸞聖人の三十三回忌と『報恩講私記』;『御伝鈔』上巻本、第一段―聖人出家と俗姓問題とは何か ほか)

著者紹介

竹中智秀[タケナカチシュウ]
1932年 兵庫県市川町、光圓寺に生まれる。1959年大谷専修学院卒業。1966年大阪市住吉区、定久寺に入寺。1974年大谷専修学院主事。1988年大谷専修学院長。2006年10月8日、在職中に急性心筋梗塞のため死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)