涙の谷を越えて―ある婦人伝道師の生涯

個数:
  • ポイントキャンペーン

涙の谷を越えて―ある婦人伝道師の生涯

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 198p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784434028168
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

内容説明

明治27年2月27日仙台に生をうけたよし江は、幼い頃から主キリストの信仰に目覚め敬虔な使徒として札幌、朝鮮などの各地を伝道してまわった。生涯の伴侶となった秀造には病死した先妻との間に三人の息子がいたが、分け隔てなく愛情を注ぐ心深きよし江を支えたのもやはりキリストのおしえであった。戦後、静岡県婦人会の初代会長として、平和で平等な社会を切り拓くべくその生涯を賭したよし江の人生は、まさに神のおぼし召しに導かれた一生と言っても過言ではない。すべては神の導くままに…。キリストの使徒として、心の平安を説く明治生まれの女性のひたむきな一生を描く。

著者紹介

丸山栄[マルヤマサカエ]
1943年東京に生まれる。1963年東京家政学院短期大学卒業。1963年株式会社博報堂入社。1966年同社を退職し現在に至る。山梨県在住