癒しの医療 チベット医学―考え方と治し方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784434028137
  • NDC分類 490.222
  • Cコード C0047

内容説明

世界の4大伝統医療の一つ、チベット医学の全貌を豊富な症例をあげて紹介する。

目次

チベット医学の歴史
ソ・リクパ―ヒーリングのサイエンス
チベット医学の理論
病気を引き起こす要因(病因)
チベット医学における人体の解剖学と生理学
一般的な病気
診断方法
治療術
症例
臨床に従事するチベット医

著者等紹介

ブラッドリー,タムディン・シザー[ブラッドリー,タムディンシザー][Bradley,Tamdin Sither]
1964年インド生まれ。チベット暴動後の1959年に両親が移り住んだ南インドには、チベット独自の宗教や伝統文化を保存する大規模な居留地があり、著者はインド政府が設立したチベット避難民のための学校で十一学年まで学んだ。1982年ダラムサラのチベット医学占星学院に入学、チベット医学の理論を修めて1987年に卒業した。その後1990年まで、ダライ・ラマ十四世の古参の侍医クン・ギュルメイ・ニャロンシャー師のもとで臨床的修行を重ねた。1990年に英国に渡り、英国初のチベット医師としてロンドンで診療を始め、国内各地での講演や新聞・雑誌の記事を通してチベット医療の普及に努める。1998年にはチベット医学占星学院の要請を受けて“The Buddha’s Art of Healing”(Rizzoli Publications)を共著した。同年ワシントンDCでの第一回チベット医学に関する国際会議に客演。現在は定期的にスウェーデン・ベルギー・ポルトガルを診療のために訪れ、ロンドンではST.Johns Woodの診療所を本拠地として、英国各地で待つ患者のために診療に回っている

井村宏次[イムラコウジ]
大阪は十三生まれ。立命館大学法学部、関西外国語短大英米語学科、明治東洋医学院鍼灸学科、それぞれ卒業。鍼灸・東洋医学臨床歴二十有余年、その間に英・米・欧人を含む精鋭の後進を育て日本式伝統鍼灸術を伝えている。「気」と「サイ」の実験的研究は三十年に及び、「キルリアン写真」の分野では世界トップレベルの研究を行う一方、「気」と「気の医学」の実際をよみうり文化センター(大阪・千里中央)などで伝えている。アート・フォトグラファー、音楽評論家(クラシック・ロック・エスニック)、アート評論家としての顔も持ち、自らもアート製作を行う

山元謙一[ヤマモトケンイチ]
昭和36年、大阪府下に生まれる。高校時代よりヘルマン・ヘッセの文学作品に憧れ、関西学院大学文学部に入学、昭和60年卒業。その後は一転して関心は東洋に向かった。アジア見聞旅行を繰り返し、東洋医学の臨床家になることを決意する。現在、鍼灸師として働く傍ら、アジアの伝統医学に関心を抱き考究中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。