• ポイントキャンペーン

マレーシア人の太平洋戦争―この戦争は彼らにとって何であったか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434024887
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0095

内容説明

本書は、約六十年前の太平洋戦争で日本人とマレーシア(マレー)人が体験したことは何であったか、なぜ、戦争被害者の怒りが収まらないのか、また、日本が惹き起こしたこの戦争がマレーシアの人たちの運命にどのような影響を与えたのか、双方の側に立って描くことに努めた。

目次

第1章 日本軍のマラヤ侵入
第2章 日本軍の占領
第3章 日本兵と日本人
第4章 マレーシア人から見た太平洋戦争
第5章 マレーシア人の戦後
第6章 マレーシア人の心

著者等紹介

渡辺正俊[ワタナベマサトシ]
1933年山梨県甲府市生まれ。早稲田大学教育学部社会科卒。県立石和高校、県立甲府南高校、県立富士河口湖高校等勤務。1984年度文部省日本政府マラヤ大学派遣教師。県教育委員会、県立塩山高校長、学校法人山梨学院法人本部等勤務
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Rion

0
証言を元に本書が書かれていたのは良かったが、引用や資料の裏付けが弱いのが気になった。2015/10/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3587094

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。