楽園をつくった男―沖縄・由布島に生きて

個数:
  • ポイントキャンペーン

楽園をつくった男―沖縄・由布島に生きて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月29日 11時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 172p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784434024603
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

水牛車に乗って海を渡っていく由布島は、島全体を生かした植物園となっている。この島には、現在年間二〇万人の観光客が訪れる。だが、ほんのひと昔前までは、めったに人も訪れることのない、ジャングルのような無人島同然の島だった。その島を楽園にすることを夢見て、実現させた男・西表正治の生涯を描く。苛酷な労働と栄養失調による失明の危機、大型台風の襲来や、沖縄本土復帰により迎えた沖縄のレジャーランド化に伴い起った由布島退去通知など、さまざまな困難を乗り越えてきた不屈の精神と一〇人の子供を育てたバイタリティは感動的であり、日本人が失った「家族の肖像」がここにある。夢を追い求めて生きた男のロマンがここにある。

目次

帰還
由布島入植
青々と波うついもの葉
うつぐみの心
台風の通り道
消えたジョン
夜のお話会
海をへだてた卒業式
病気の牛
エルシー台風
最後の宴
希望のココヤシ
島にひきつけられる若者
突然の通告
みんなのふるさとに

著者等紹介

森本和子[モリモトカズコ]
東京都出身。出版社を退職後、児童文学に開眼。現在はフリーライター・編集者として活躍中。東京都在住
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。