唇が動くのがわかるよ―腹話術の歴史と芸術

個数:

唇が動くのがわかるよ―腹話術の歴史と芸術

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 215p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784434022937
  • NDC分類 779.16
  • Cコード C0076

内容説明

約3000年にわたる腹話術の歴史から、パフォーマンスの発声方法まで、腹話術の愛好家や研究者、これから腹話術師を目指す人にとってはまさにバイブルとなる一冊。原作は、学術的にも芸術的にも世界で高い評価を受けており、著者自身の優れたパフォーマンスも、本書に基づいている。

目次

1 覗いてつぶやく魔術師
2 魔法と腹話術
3 声の変化を聞きにおいでよ
4 賢いひとから舞台のひとへ
5 発声の渦巻き
6 ピノッキオが少年になる
7 空中に漂う声
8 喋る人形たち
9 唇が動くのがわかるよ
10 外に出してくれ

著者紹介

ヴォックス,ヴァレンタイン[ヴォックス,ヴァレンタイン][Vox,Valentine]
40年以上にわたって、彼の芸は世界中の劇場、キャバレー、テレビで、そしてラスベガスの『もっとマジックを』の彼自身のショーで、観衆を喜ばせた。テレビの小さなスクリーンではなじみの芸人で、ほとんど世界中のテレビに登場し、英国の自分のショーのスターとなった。また子供たちのための特別のビデオ・ショー『マイ・ビデオ・パーティ』を製作、主演した。腹話術師としての才能の他に、腹話術そのものの第一人者である。腹話術の歴史に関する賞賛されるべき成果は1981年に最初に英国で出版された。現在国際腹話術協会の会長をしている

清水重夫[シミズシゲオ]
1943年東京生まれ。東京外国語大学英米科卒業。早稲田大学文学研究博士課程修了。早稲田大学教授。ジェイムス・ジョイスを中心とした現代アイルランド文学に関心を持ち、演劇、詩の分野にも興味を広げている。またアイルランド語文学もその分野としている

出版社内容情報

日本発! 腹話術の専門書。約3千年に亘る腹話術の歴史から、パフォーマンスの発声方法まで、腹話術の愛好家や研究者、これから腹話術師を目指す人にとってはまさにバイブルとなる一冊。
 原作は、学術的にも芸術的にも世界で高い評価を得ており、著者自身の優れたパフォーマンスも、本書に基づいている。

はじめに
1 覗いてつぶやく魔術師
2 魔法と腹話術
3 声の変化を聞きにおいでよ
4 賢い人から舞台の人へ
5 発声の渦巻き
6 ピノッキオが少年になる
7 空中に漂う声
8 喋る人形たち
9 唇が動くのがわかるよ
10 外に出してくれ
註釈
書誌
謝辞


本書は長年に和たる研究の成果であり、筆者の腹話術についての実際的な知識と相俟って、約3000年前に占いに使用された時代から、演芸の出し物としての現在の使われ方に至るまでの、腹話術についての最初の詳細な研究所である。
 腹話術の歴史を述べると同様に、本書が舞台芸としての発展とその実際について、より大きい理解を読者に提供できることを期待したい。
                 (ヴァレンタイン・ヴォックス)

現役の腹話術師として活躍する著者が、腹話術の歴史を探り、その芸術としての奥深さを明らかにした研究書。数々の写真や図解による資料が満載であり、非常に興味深く腹話術への理解を広げていただける、業界初の本格的な専門書です。