代数学とは何か

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 367p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784431708278
  • NDC分類 411
  • Cコード C3041

内容説明

体・環・群の基礎概念。有限群・リー群・代数群。ガロア理論・表現論・リー代数・カテゴリー・ホモロジー代数・K理論の高度な概念。結晶・量子力学・素粒子への応用まで、代数学のすべてがここにある。

目次

代数学とは何か?

可換環
準同型とイデアル
加群
代数的に見た次元
代数的に見た無限小概念
非可換環
非可換環上の加群
半単純加群と半単純環〔ほか〕

著者等紹介

シャファレヴィッチ,イゴール・ロスティスラヴォーヴィッチ[シャファレヴィッチ,イゴールロスティスラヴォーヴィッチ][Shafarevich,Igor Rostislavovich]
1923年6月3日、ソ連(現在のウクライナ)ジトーミルの生まれ。1939年、モスクワ大学数学力学部を卒業。1946年に物理・数学博士号を取得。以後、現在に至るまでソビエト(後にロシア)科学アカデミー・スチェクロフ数学研究所の研究職。1960年~1991年、同研究所代数部門部長。1944年よりモスクワ大学で教鞭をとり、1953年~1975年、同大学教授。整数論、代数幾何学、代数学に関する多数の論文がある

蟹江幸博[カニエユキヒロ]
’76年3月、京都大学大学院理学研究科博士課程修了。三重大学教育学部教授。理学博士。専門はトポロジー、表現論
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。