なぜ人はジュンク堂書店に集まるのか―変わった本屋の元大番頭かく語りき

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784426765019
  • NDC分類 024.1
  • Cコード C0036

内容説明

こんな時代に大躍進「ジュンク堂書店」とは何か。小売りのヒントがここにある。

目次

ジュンク堂とは何か―ジュンク堂のコンセプト
フラットで柔軟な組織と運営
採用―書店の最大の財産は書店員
売る書店、売れない書店
返品、このやっかいなもの
神戸児童殺傷事件と『フォーカス』
万引きとの戦い
詐欺事件
書店が舞台に変わる日―サイン会あれこれ
震災復興―巨大な逆境をチャンスに
変貌する特約店制度と講談社の底力
街の書店はこうやって生き残る
工藤恭孝社長のパワーの源

著者等紹介

渡辺満[ワタナベミツル]
1966年、関西ブックローン株式会社(現ブックローン)入社。1976年、(株)ジュンク堂書店へ転籍し、ジュンク堂書店立ち上げに参画して、三宮店店長、統括本部長、総務部長を歴任。ジュンク堂の躍進を支えた。2001年7月、同社を定年退職
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。