1日2回のチャートチェックで手堅く勝てる兼業FX (改訂版)

個数:

1日2回のチャートチェックで手堅く勝てる兼業FX (改訂版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月16日 12時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 183p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784426127527
  • NDC分類 338.954
  • Cコード C0033

内容説明

リスクを抑え毎月5%のリターンを狙う実戦力。

目次

1 ファンダは捨てテクニカルだけで判断する(テクニカル分析を使う意味 値動きの仕組みを知れば不測の事態に対応できる;ファンダメンタルズと決別する FXの利益は技術の習得で決まる ほか)
2 ローソク足で売り手と買い手のバランスを見る(目的をはっきりさせる 売り手と買い手の攻防がチャートに描かれる;数円規模の利益を得るために必要なこと FXの取引データは「値動き」だけ ほか)
3 ダウ理論でトレンドの始まりと終わりを見つける(適切な損切りと相場分析が可能になる 相場分析で最も重視すべき基本を知る;身に着ければずっと使える 「長く使われている」普遍性を味方にする ほか)
4 移動平均線を使ってトレンドの中盤を明確にする(目的は値動きの分析 値動き分析を基本にテクニカルを追加する;利食いの目安としても使える 取引すべき相場をわかりやすくする ほか)
5 トレンドに入るタイミングがわかるディナポリ(特殊な移動平均線DMA コツをつかむと使いやすいディナポリ;SMAの弱点を補う移動平均線 SMAを「未来」に先行させたDMA ほか)

著者等紹介

田向宏行[タムカイヒロユキ]
50代、専業投資家。学生時代、何年も資格試験に挑戦するも失敗。就職しそこねて、生活のために事業を始める。会社経営の合間に1989年から投資も開始。最初は金の積立や株式現物で、一部は現在も保有。十数年で事業を売却しその後は投資に専念。FX取引は2007年から開始し、収入の柱とする一方、株式や不動産などの投資で少しずつ資産形成。2009年ブログ虹色FXを開始。FXや投資関連書籍の企画やラジオNIKKEIの番組制作協力、FXセミナーの企画構成やレポートの執筆、YENSPA!などへの寄稿や取材協力など幅広く活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。