レヴィナス 犠牲の身体

個数:

レヴィナス 犠牲の身体

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年01月25日 08時18分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 195,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784423171479
  • NDC分類 135.5

内容説明

一人のユダヤ人哲学者として戦争と暴力の時代を生き抜いたエマニュエル・レヴィナス(1906‐1995)は、戦後ヨーロッパを代表する倫理思想家として広く知られている。“他者”に対する「責任」と「善意」の重要性を説いた哲学者レヴィナス―だが、その思想は、けっして無害でナイーブな道徳論に埋没してしまうものではない。そこに伏在している挑発的かつ複合的な思索の可能性を読み取るべく、本書では、これまであまり語られることのなかったレヴィナスにおける「犠牲」の問題に焦点を当てる。レヴィナスがその知的源泉とした現象学的思考とユダヤ的思考、この二つの要素に鋭く目配りしつつ、一貫した身体論的精査を通じてレヴィナス思想の根本問題に迫ろうとする、新たな哲学的探究の書。

目次

序論 レヴィナスの思想における暴力の問い
第1章 生成する自我―存在論から出発して
第2章 生活世界と身体
第3章 意志の冒険
第4章 近さとしての自己自身
第5章 犠牲の身体
第6章 責任の問題をめぐって
結論

著者紹介

伊原木大祐[イバラギダイスケ]
1975年東京都に生まれる。1999年京都大学法学部卒業。2005年パリ第十大学にてDEAを取得。2006年京都大学大学院文学研究科博士後期課程指導認定退学。2006‐2008年日本学術振興会特別研究員。2008年京都大学博士(文学)。現在、北九州市立大学基盤教育センター准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)