校正のこころ―積極的受け身のすすめ

電子版価格 ¥1,566
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

校正のこころ―積極的受け身のすすめ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422932170
  • NDC分類 749.43

内容説明

デジタル化というグーテンベルク以来の出版革命期を迎えた現代に、言葉を正し、整えるという校正の仕事はどうあるべきか。誰もが不特定多数に情報発信できる時代にこそ求められる校正の方法論を、古今東西の出版史をひもとき、現場で得た経験則とともに解き明かす。

目次

引き合わせ―校正の仕事(1)
素読み―校正の仕事(2)
言葉を「正す」という校正
言葉を「整える」という校正
受け身であること―校正の原則(1)
言語世界の相対性―校正の原則(2)
言葉のあるべき姿―校正の役割(1)
信じることと疑うこと―校正の役割(2)
組織としての校正
編集の時代
言葉の客観化
校正のこころ

著者紹介

大西寿男[オオニシトシオ]
1962年、兵庫県神戸市生まれ。岡山大学で考古学を学ぶ。1988年より、東京で校正者として働くかたわら、自由な編集と本づくりに取り組む。校正の仕事では、岩波書店、集英社、河出書房新社、作品社、藤原書店などの外部校正者として、文芸書、人文書を中心に、実用書や新書から専門書まで、二〇年にわたり幅広く手がけてきた。1998年、個人出版事務所「ぼっと舎」を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

DTPやデジタル媒体の急速な普及で、グーテンベルク以来の第二の出版革命期を迎えた現代に、言葉を吟味し、正し、整えるという校正の仕事はどうあるべきか。誰もが不特定多数に情報発信できる時代にこそ求められる校正の方法論を、古今東西の出版校正史をひもとき、職場で得た経験則と共に解き明かす。日々言葉と向き合う出版人へ、そして言葉と本を愛する人へ贈る、従来の校正実務・技術論を超えたこれまでにない包括的な校正論。

著者紹介
大西寿男(オオニシトシオ)
1962年、兵庫県神戸市生まれ。岡山大学で考古学を学ぶ。1988年より、東京で校正者として働くかたわら、編集と本づくりを手がける。1998年、個人出版事務所「ぼっと舎」を開設。