僕は死なない子育てをする―発達障害と家族の物語

個数:
電子版価格
¥1,870
  • 電書あり
  • 動画あり

僕は死なない子育てをする―発達障害と家族の物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月19日 08時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422930954
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0095

出版社内容情報



遠藤 光太[エンドウ コウタ]
著・文・その他


内容説明

「なんとか生き延びてこられたんだから。」23歳で結婚し、父になり、鬱になって離婚しかけたり自殺したくなったりしてから発覚した発達障害。一言で表せば「苦闘」の20代。けれど「未来は大丈夫だ」と信じようとした。

目次

小さな産院の薄暗い待合室で食べたメロンパン
「自然」としての娘を迎える
楽しい仕事と鬱
「もっと休んでほしかった」と妻は言った
「死にたい」と言えずに
「普通」でいなければ、崖から急に落とされる
発達障害を知ってゾッとする
障害者雇用という働き方
家族と発達障害
強かった妻の心が折れた
当事者との出会い、父のこと
平成元年生まれの苦闘
家族をリノベ―ション
コロナ禍と小学一年生の子育て
母の自立とトランスフォームする家族
死なない子育て
「平らな場所」にやってきた存在
発達障害とパパになる

著者等紹介

遠藤光太[エンドウコウタ]
1989年(平成元年)生まれ。発達障害の当事者。妻、子2人との4人暮らし。小学校時代には不登校を経験し、大学時代にはうつ症状を呈する。卒業後の社会人2年目に長期休職を経験。その後、退職、アルバイト、無職、障害者雇用での勤務を経て、2018年からライター業。ハフポスト日本版、withnewsなどのウェブメディアで取材記事執筆、エッセイ連載などを行う。本書が初の単行本となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。