関東近世村落史の研究―山中清孝遺稿集

個数:
  • ポイントキャンペーン

関東近世村落史の研究―山中清孝遺稿集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 21時07分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 377p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422930749
  • NDC分類 213

目次

1 武州一揆を中心とした百姓一揆研究(武州一揆の研究(研究史と二、三の問題点について;武州秩父郡上名栗村の経済構造)
幕藩制崩壊期における武州世直し一揆の歴史的意義
武州世直し一揆と練馬
武州世直し一揆と板橋周辺の状況
武州世直し一揆の未刊、既刊史料の検討
武州世直し一揆の一考察―所沢・東久留米周辺の状況を中心に!
君津市久留里で発見された武州世直し一揆の新史料について)
2 改革組合村研究(関東取締出役と相武の改革組合村々;武州、相州「改革組合村」編成について)
3 その他の研究(百姓一揆の時代性と地域性;島原・天草一揆の指導者たち―「西戎征伐記」を中心に;山川均のルーツをたどる;関町の井口家文書の知行宛行状について;関東農村の“荒廃”と二宮尊徳の仕法―常陸国真壁郡青木村仕法を中心に;近世古文書目録;あの頃の思い出―一九七〇年代の関東近世史研究会の活動を中心に)

著者紹介

山中康裕[ヤマナカヤスヒロ]
名古屋市立大学大学院医学研究科修了、医学博士。京都ヘルメス研究所所長・京都大学名誉教授。第一九期日本学術会議会員。カウンセラー(河川救護士)。専門領域は、精神医学、精神療法、分析心理学、心理臨床学、総合河川学。著書多数

石田泰弘[イシダヤスヒロ]
愛知学院大学大学院文学研究科修士課程修了。現在、愛西市教育委員会学芸員。愛知県史調査執筆委員

山中清史[ヤマナカキヨフミ]
慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了。現在、慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部教諭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「武州一揆の研究」をはじめ、改革組合村研究や史料紹介など、近世村落史に関する多様で精緻な論文集。「武州世直し一揆と練馬」他。

「武州一揆の研究」をはじめ、改革組合村研究や史料紹介など、近世村落史に関する多様で精緻な論文集。「幕藩制崩壊期における武州世直し一揆の歴史的意義」「武州世直し一揆の未刊、既刊史料の検討」「関東取締出役と相武の改革組合村々」「百姓一揆の時代性と地域性」「島原・天草一揆の指導者たち」「関町の井口家文書の知行宛行状について」「関東農村の“荒廃”と二宮尊徳の仕法」「近世武州名栗村の構造」ほか。

目次

はじめに―日本史随考  山中康裕

◆一 武州一揆を中心とした百姓一揆研究
1 武州一揆の研究(一)―研究史と二、三の問題点について― (『史游』創刊号 一九七二年)
2 武州一揆の研究(二)―武州秩父郡上名栗村の経済構造― (『史游』第二号 一九七二年)
3 幕藩制崩壊期における武州世直し一揆の歴史的意義 (『歴史学研究』 一九七四年)
4 武州世直し一揆と練馬 (『練馬郷土史研究会会報』第一一四号 一九七四年)
5 武州世直し一揆と板橋周辺の状況 (『練馬郷土史研究会会報』第一六七号 一九八三年)
6 武州世直し一揆の未刊、既刊史料の検討 (『埼玉史談』第三三巻第二号 一九八六年)
7 武州世直し一揆の一考察― 所沢・東久留米周辺の状況を中心に─ (『多摩のあゆみ』第四五号 一九八六年)
8 君津市久留里で発見された武州世直し一揆の新史料について (『歴史科学と教育』第六号 一九八七年)

◆二 改革組合村研究
1 関東取締出役と相武の改革組合村々 (『郷土神奈川』第六号 一九七六年)
2 武州、相州「改革組合村」編成について (『近世神奈川の地域的展開』 一九八六年)

◆三 その他の研究
1 百姓一揆の時代性と地域性 (『歴史公論』第四巻第六号 一九七八年)
2 島原・天草一揆の指導者たち─「西戎征伐記」を中心に─ (『史游』第六号 一九八一年)
3 山川均のルーツをたどる (『岡山県史研究』第五号 一九八三年)
4 関町の井口家文書の知行宛行状について (『練馬古文書研究会会報』第五号 一九八六年)
5 関東農村の"荒廃"と二宮尊徳の仕法
─常陸国真壁郡青木村仕法を中心に― (『人間科学研究所紀要(江戸川学園)』第三号 一九八七年)
6 近世古文書目録
7 あの頃の思い出─一九七〇年代の関東近世史研究会の活動を中心に─ (『関東近世史研究』第六六号 二〇〇九年)

山中清孝 年譜
山中清孝 著作等目録

山中清孝氏の研究  石田泰弘
山中清孝 追悼文集

あとがき

【著者紹介】
名古屋市立大学大学院医学研究科修了、医学博士。京都ヘルメス研究所所長・京都大学名誉教授。カウンセラー(河川救護士)。専門領域は、精神医学、精神療法、分析心理学、心理臨床学