イーダ―美しい化石になった小さなサルのものがたり

個数:

イーダ―美しい化石になった小さなサルのものがたり

  • ウェブストアに49冊在庫がございます。(2020年06月01日 05時17分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 62p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784422760636
  • NDC分類 K457
  • Cコード C8745

内容説明

4700万年前ちいさなちいさなおサルさんはおかあさんからのいっぱいの愛情をうけて元気いっぱいに育ちました。なかまたちと声をかけあい、木から木へと移動して、食べ物になる葉っぱをさがします。ところが、あるとき、かのじょはあるできごとに巻き込まれてしまいます。それから4700万年がたち、古い時代の生き物たちを研究する学者たちは驚きの声をあげました。「なんて美しい化石なんだろう。なんて完璧なんだ!」そうして研究者たちの探究がはじまります。いったいこの子ザルはどのように生活し、何を食べ、どんなところで眠り、そして、わたしたち人間とはどんなふうな親戚関係だったのか。「イーダ」と呼ばれる世界で一番美しいサルの化石のものがたり。

目次

イーダのものがたり
イーダを調べる(メッセル;メッセルで生活していた動物たち;イーダに近い動物たち;イーダがノルウェーのオスロに到着する;研究チームがイーダを調査する;進化ってなに?;霊長類の進化;イーダを描こう!;イーダのように生活する;さて、クイズです)

著者等紹介

フールム,ヨルン[フールム,ヨルン]
古生物学者。オスロ大学附属自然史博物館教授。イーダの化石など古い時代に死に絶えた生物を研究している

ヘレヴェ,トルシュタイン[ヘレヴェ,トルシュタイン]
オスロ大学附属自然史博物館でウエブ編集者をしている

ヴァン・フルセン,エステル[ヴァンフルセン,エステル]
科学イラストをたくさん描いている画家

河野礼子[コウノレイコ]
国立科学博物館で古い時代の人類について研究している

遠藤ゆかり[エンドウユカリ]
フランス語の翻訳者。たくさんの絵本を翻訳している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人類の進化の謎を解くカギと言われた美しく完璧な化石、イーダ。古代の暮らしや研究者たちの発見・研究の様子を描いた物語絵本。

学名ダーウィニウス・マシラエ、愛称「イーダ」は見事な骨格と胃の内容物までわかる美しい状態で発見された4700万年前の化石。若いメスの霊長類であるイーダは、人類の進化の謎に迫る重要な標本として、古生物学者たちのドリームチームによって研究が進められ、その様子は科学ドキュメンタリー番組にも取り上げられた。イーダの愛らしい暮らしぶりや、研究者たちの発見・研究の様子を美しいイラストとともに描き出す物語絵本。

イーダのモノガタリ
イーダを調べる
メッセル
メッセルで生活していた動物たち――水のなかで
メッセルで生活していた動物たち――地面の上で
メッセルで生活していた動物たち――木の上で
メッセルで生活していた動物たち――空で
イーダに近い動物たち
イーダがノルウェーのオスロに到着する
研究チームがイーダを調査する
進化ってなに?
霊長類の進化
イーダを描こう!
イーダのように生活する
さて、クイズです
答え

【著者紹介】
オスロ大学自然史博物館教授。古生物学者。