将棋の序盤でやってはいけない手

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

将棋の序盤でやってはいけない手

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月04日 12時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422751450
  • NDC分類 796
  • Cコード C2076

出版社内容情報

序盤戦や仕掛けあたりの局面でやってはいけない手を選んで解説。戦いが始まったとたんに形勢を損じてしまう人に最適な一冊。本書はいろいろな戦型で、序盤戦や仕掛けあたりの局面において、やってはいけない手を選んで解説した。それらの指し手を避けつつ、正しい手を知ることによって、互角以上の形勢で中盤戦へと入っていくことができる。いつも指し始めてすぐに苦しくなったり、戦いが始まったとたんに形勢を損じて困っている人には、本書は最適の一冊である。本書でしっかりと序盤の知識をたくわえれば、勝率アップ間違いなし!

第1章 相居飛車編
第2章 先手居飛車VS後手振り飛車編
第3章 先手振り飛車VS後手居飛車編
第4章 相振り飛車編

高橋 道雄[タカハシ ミチオ]
著・文・その他

内容説明

指し始めてすぐに苦しくなったり、中盤で形勢を損じて困っている人に。序盤の局面で「やってはいけない手」がわかれば、中盤をよい形で乗り切れ、自然と勝率も上がる。

目次

第1章 相居飛車編
第2章 先手居飛車VS後手振り飛車編
第3章 先手振り飛車VS後手居飛車編
第4章 相振り飛車編

著者等紹介

高橋道雄[タカハシミチオ]
昭和35年東京都北区に生まれる。50年6級で故・佐瀬勇次名誉九段門に入る。52年初段。55年四段。57年五段。58年第24期「王位戦」で、五段として初のタイトル獲得。59年六段。60年第26期「王位戦」でタイトル獲得。61年七段。第27期「王位戦」防衛、第12期「棋王戦」でタイトル獲得。62年第26期「十段戦」でタイトル獲得。63年第9回「日本シリーズ」で優勝。平成元年A級に昇級、八段。2年九段。4年第8回「天王戦」で優勝。8年第9回「竜王戦」で1組優勝。12年将棋栄誉賞(600勝)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

akihiko810/アカウント移行中

9
将棋序盤の「やってはいけない悪手」&正着の次の一手。  相居飛車、対抗系、相ぶりと戦型別順に載っててかなりわかりやすい。棋力も級位~3段くらいまで対象としていて、ちょうど私にぴったり。何周かしたい本のひとつ。 /四間飛車で9八香とあがるのは、対棒銀・早ぐり銀のとき。角交換狙いの、6四歩からの早仕掛けのときは4六歩2021/07/01

kinaba

1
定跡のおさらいよりも、もっと大技が決まってしまうパターンに絞った本だともっと嬉しいなあという印象2018/10/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12662833

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。