叢書パルマコン・ミクロス<br> ポピュラー音楽の知識社会学―愉しい音楽の語り方

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

叢書パルマコン・ミクロス
ポピュラー音楽の知識社会学―愉しい音楽の語り方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月23日 19時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422701257
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C0036

出版社内容情報

誰でも簡単に楽しめるがゆえに、日々量産されるポピュラー音楽に対する「語り」。でもそこには、多くの人が気づいていない、さまざまな「思い込み」が隠されている。その起源やメカニズムを明らかにする著者の人気講義〈共通教養特講―ポピュラー音楽の知識社会学〉を元に書き下ろした、愉しく読める社会学入門。小中高生のときから親しんできた音楽について知識社会学的に考えることが、いかに愉しいことかを体感できるテキスト。

内容説明

自分の好きな音楽から、社会の仕組みが見えてくる!「ロックは社会変革に結びつくものだ」など、ポピュラー音楽につきまとうさまざまな思い込み。その起源やメカニズムを明らかにしながら、現代社会の特質をあざやかに読み解くテキスト。聞いていない音楽を堂々と語れる社会学入門。

目次

序章
第1章 ロックは社会変革の夢を見るか?―モッズ/ヒッピー比較論
第2章 苦労した人こそホンモノの音楽を創れる?―フォークと文化の価値転換
第3章 パンクは頭の悪い音楽か?―反知性主義と「声の文化」の可能性
第4章 電子音楽は「非人間的」か?―まがい物のリアリティ
第5章 国民的音楽は首都から生まれるか?―マッドチェスター都市論
第6章 日本のヒップホップとお笑いは似ているか?
第7章 音楽は語るべきではない?―『ロッキング・オン』と音楽語り
終章 「アンダーグラウンド」は売れない人の集まりか?

著者等紹介

長〓励朗[ナガサキレオ]
桃山学院大学社会学部准教授。1983年大阪府生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。京都大学博士(教育学)。近年はYouTubeチャンネル「アーカイブ社会学講義」の主として一般向けに社会学の面白さを伝える活動もおこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。