ライオンのプライド 探偵になるクマ―集まると楽しくなる英語の集合名詞えほん

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

ライオンのプライド 探偵になるクマ―集まると楽しくなる英語の集合名詞えほん

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2021年05月07日 13時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 112p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422701226
  • NDC分類 835.2
  • Cコード C0071

出版社内容情報

英語で動物やものの集まりを呼ぶことばが
無数と言えるほどたくさんあり、
それぞれちがうことを
みなさんは知っていますか?


ライオンの集まりはプライド(誇り)
クマ=探偵
ラクダ=列車
フクロウ=議会
星=クラスター
花=ブーケ
……などなど。


動物番組などで耳にしたかた、
はたまた、試験のために丸暗記したかたも
いらっしゃるのではないでしょうか。


このような言葉(名詞)を
「集合名詞(Collective Nouns)」
と呼びます。
「群れ」「集まり」をさす言葉のことです。


英語のネイティブスピーカーにとっても、
その豊富さは興味深い謎とのこと。
単にその名を複数形で呼ばず、
そこにひとひねり、生物的な特徴、
情緒やユーモア、皮肉、歴史的な背景があり、
非常に面白く独特な言語の文化となっています。


その集合名詞を、動・植物を中心に
『翻訳できない世界のことば』の訳者で
人気絵本作家の前田まゆみさんが集め、
イラストを描き下ろしました。


言葉のもつ多様性と
鮮やかなイラストが存分に味わえる一冊です。


英語は身近な外国語ですが、
じつに奥が深そうです。

内容説明

言葉のもつ多様性と鮮やかなイラストが味わえる一冊。英語には動物やものの集まりを呼ぶことばが無数にあります。これは実は独特な英語の文化です。ライオンの集まりはプライド(誇り)、クマ=探偵、ラクダ=列車、ニシン=浅瀬、アリ=軍隊…。このようなことば(名詞)を「集合名詞(Collective Nouns)」と呼びます。その集合名詞を、『翻訳できない世界のことば』の訳者で絵本作家の前田まゆみさんが集め、イラストを描き下ろしました。

目次

鹿 Herd of Deers
オオカミ Pack of Wolves
猟犬 Kennel of Hounds
猫 Clowder of Cats
雌牛 Flink of Cows
牛 Mob of Cattles
山羊 Tribe of Goats
羊 Drove of Sheep
馬 Harras of Horses
子猫 Kindle of Kittens〔ほか〕

著者等紹介

前田まゆみ[マエダマユミ]
絵本作家、翻訳者。1964年神戸市生まれ、京都市在住。神戸女学院大学で英文学を学びながら、洋画家の杉浦祐二氏に師事。『あおいアヒル』(主婦の友社)で、第67回産経児童出版文化賞・翻訳作品賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。