産業遺産JAPAN

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

産業遺産JAPAN

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年02月20日 13時25分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 142p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784422701028
  • NDC分類 602.1
  • Cコード C0072

内容説明

「廃墟」から「産業遺産」へ―。世界遺産から非公開スポットまで、日本の近代化を支えた全国25カ所の産業遺産を特別取材。ドローン等による空撮や多数の未公開写真に加え、各遺産の過去写真も収録。モノと記憶の双方から「産業遺産」を再検証するヴィジュアル・ブック。

目次

奔別炭鉱と赤平炭鉱(北海道三笠市・赤平市)
羽幌炭鉱羽幌本坑(北海道苫前郡羽幌町)
尾去沢鉱山(秋田県鹿角市)
根岸競馬場(神奈川県横浜市)
碓氷線(群馬県安中市~長野県北佐久郡軽井沢町)
富岡製糸場(群馬県富岡市)
佐渡鉱山(新潟県佐渡市)
京都の水力発電所(京都府京都市・宇治市)
京大地震観測所(大阪府高槻市・滋賀県大津市)
万博遺産(大阪府吹田市)〔ほか〕

著者等紹介

前畑洋平[マエハタヨウヘイ]
1978年生まれ。宇治市出身。産業遺産コーディネーター。産業遺産が持つ歴史的価値や魅力を少しでも多くの人に知ってもらおうと、2009年に産業遺産を見学・記録するNPO法人J‐heritageを立ち上げ、全国の産業遺産でツアー見学会・保存活用に関するイベントの企画運営を行なっている。フォトグラファー、ライターとしても活躍しており、廃墟及び産業遺産写真でのコンテスト入選多数。全国近代化遺産連絡協議会、鉱石の道推進協議会、近畿産業考古学会に所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世界遺産から非公開スポットまで、全国25ヶ所の産業遺産を特別取材! 多数の未公開写真を収録し、産業遺産の価値を再検証する。日本の急速な近代化を支えた、数多の産業遺産。
あるものは忘れ去られ、あるものは観光地化し、あるものは今も現役でその使命を果たし続けている。
軍艦島、富岡製糸場などの世界遺産から、根岸競馬場、摩耶観光ホテルなどの非公開スポットまで、全国25ヶ所においてドローン等による空撮を含む特別取材を敢行。
多数の未公開写真に加え、各遺産の過去の写真を収録。
モノと記録の双方から産業遺産の価値を再検証するヴィジュアル・ブック。

《おもな目次》

1 奔別炭鉱と赤平炭鉱(北海道)
2 羽幌炭鉱羽幌本坑(北海道)
3 尾去沢鉱山(秋田県)
4 根岸競馬場(神奈川県)
5 碓氷線(群馬県?長野県)
6 富岡製糸場(群馬県)
7 佐渡鉱山(新潟県)
8 京都の水力発電所(京都府)
9 京大地震観測所(大阪府・滋賀県)
10 万博遺産(大阪府)
11 大阪城軍事遺産(大阪府)
12 奈良少年刑務所(奈良県)
13 摩耶観光ホテル(兵庫県)
14 生野鉱山(兵庫県)
15 明延鉱山と神子畑選鉱場(兵庫県)
16 姫路モノレール(兵庫県)
17 別子銅山(愛媛県)
18 宇部・美祢の炭鉱群と宇部興産(山口県)
19 志免鉱業所(福岡県)
20 豊後森機関庫(大分県)
21 三井三池炭鉱(福岡県?熊本県)
22 針尾送信所(長崎県)
23 佐世保海軍工廠と佐世保重工業(長崎県)
24 軍艦島(長崎県)
25 池島炭鉱(長崎県)

前畑 洋平[マエハタ ヨウヘイ]
前畑洋平(まえはた・ようへい)
1978年生まれ。宇治市出身、神戸在住。産業遺産コーディネーター。産業遺産が持つ歴史的価値や魅力を少しでも多くの人に知ってもらおうと、2009年に産業遺産を見学・記録するNPO法人J-heritageを立上げ、全国の産業遺産でツアー見学会・保存活用に関するイベントの企画運営を行なっている。フォトグラファー、ライターとしても活躍しており、廃墟及び産業遺産写真でのコンテスト入選多数。全国近代化遺産連絡協議会、鉱石の道推進協議会、近畿産業考古学会に所属。兵庫県地域再生アドバイザー、総務省地域力創造アドバイザー、内閣府地域活性化伝道師も務める。
『ワンダーJAPAN』『廃線跡の記録』(共に三才ブックス)、『梅田本』『大阪環状線の本』『大阪観光』(共に阪神エルマガジン社)などの雑誌やムックに写真・記事を厖大に寄稿しており、その集大成的なムックが『産業遺産の記録』(三才ブックス)である。