世界を魅了する美しい宝石図鑑

個数:
  • 動画あり

世界を魅了する美しい宝石図鑑

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月27日 05時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 192p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784422440330
  • NDC分類 459.7
  • Cコード C0044

出版社内容情報



豪華絢爛たるジュエリーや調度品に仕立てられた数々の宝石を約500点の美麗写真で楽しむ、ゴージャスなビジュアル図鑑。

書籍の前半には、鉱物の基礎知識や鑑別・評価の仕方、施されるカットや処理・加工の種類、模造・合成石の歴史など、「宝石」にまつわるさまざまな情報を収録。
後半の「宝石名鑑」では、それぞれの宝石を詳しく掘り下げ、世界の有名ブランドやデザイナーの作品を含む豊富な写真資料とともに紹介する。


〈おもな収録内容〉
宝石を見定める際の着目点/鑑別の技術と方法/宝石学的データ/結晶の特性/光学的特性(効果)/インクルージョン/産地/宝石の処理/カッティング/値付けと等級付け...など

◆宝石名鑑
ダイヤモンド/コランダム(ルビー、サファイア)/ベリル(エメラルド、アクアマリンなど)/クリソベリル(アレキサンドライト)/スピネル/トパーズ/トルマリン(インディコライト、パライバトルマリンなど)/アンダルサイト/アイオライト/クォーツ(アメシスト、シトリン、カルセドニー、アゲートなど)/ジルコン/ガーネット/翡翠/スポデュメン(クンツァイト)/ゾイサイト(タンザナイト)/ペリドット/プレーナイト/カイヤナイト/オーソクレース・フェルスパー(ムーンストーン、アマゾナイト)/プラジオクレース・フェルスパー(ラブラドライト、サンストーンなど)/スギライト/オパール/ダイオプサイド/ターコイズ/ラピスラズリ/スフェーン/アパタイト/クリソコラ/ロードクロサイト/フルオライト/マラカイト/真珠/珊瑚/琥珀...など

◆画像はイメージです。





内容説明

世界の有名ブランドやデザイナーの作品を含む豊富な写真資料に加え、鉱物の基礎知識や評価の仕方、施されるカットや処理・加工の種類、模造・合成石の歴史など、「宝石」にまつわるさまざまな情報を収録。自然の業と人間の技が融合した究極の美の世界を、ビジュアルと知の両面から楽しめる一冊。

目次

ダイヤモンド
コランダム
ベリル
クリソベリル
スピネル
トパーズ
トルマリン
アンダルサイト
アイオライト
クォーツ〔ほか〕

著者等紹介

クロエ,ジュディス[クロエ,ジュディス] [Crowe,Judith]
宝石ディーラー、ジュエリーデザイナー。2000年からディーラーとしての活動を始め、ロンドン市民大学で宝石学を教えている

石橋隆[イシバシタカシ]
公益財団法人益富地学会館理事、主任研究員。1977年生まれ、中京学院大学経営学部卒、2009年より現職。地球科学系博物館でイベントの企画、運営ほか社会教育的な活動に携わる。大阪大学総合学術博物館(研究員)、国際日本文化研究センター(共同研究員)、南方熊楠記念館(客員研究員)を兼任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スリカータ

21
色んな宝石があるんだなぁ!いくつかの写真の提供先がCartierとあり、納得。虫やクマやネコなどの彫刻にするのは贅沢だと思った。流石に、台湾の翡翠の白菜までは載っていなかったけど。原石の写真が興味深い。宝石の輝きや照りを強調するなら、背景が黒い方がわかりやすいと思った。いつか、小さなアレキサンドライトを持ちたい。2022/05/21

MOTO

7
宝石鑑定士が使ってる小さい望遠鏡。アレから覗いたら、こんな感じに見えてるのかなーと細部まで観察できそうな美しい宝石図鑑。装飾品のデザインもいろいろあって面白い。2022/10/14

aoto

6
美しい図鑑シリーズだと思ってる。マジで写真が綺麗。解説など読まずにペラペラめくるだけで見目がよい。各宝石ごとによるカッティングの知識、産地、鑑定学、謂れや名前の由来など、宝石鑑定や売買に役立ちそうな知識が簡潔にまとめられている印象がある。史実エピソードが少ないのは物足りなさも感じた。また、"作品"となっている(?)宝石写真も載っていて、加工に対する鑑賞をどう味わえばいいのか、入り口に立てる気分になれる。2022/04/12

biba

5
こういう写真の本を、最近子供が好むようになったので借りてみました。宝石にはほとんど興味のない私ですが、ゴージャスな宝飾品とともに解説があり、勉強になりました。2024/04/27

kaz

4
どれを見ても美しいとしか言いようが無いが、この石がこうなるのかという点で眺めると、それなりに面白い。図書館の内容紹介は『各宝石を詳しく掘り下げ、世界の有名ブランドやデザイナーの作品を含む豊富な写真資料とともに紹介。鉱物の基礎知識や鑑別・評価の仕方、施されるカットや処理・加工の種類、模造・合成石の歴史なども解説する』。 2022/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18913851
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。