あの恐竜どこにいた?―地図で見る恐竜のくらし図鑑

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

あの恐竜どこにいた?―地図で見る恐竜のくらし図鑑

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2021年05月07日 13時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 160p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784422430317
  • NDC分類 K457
  • Cコード C0045

出版社内容情報

ティラノサウルスの化石がはじめて見つかった国は? ヴェロキラプトルはどこで狩りをしていたの? スピノサウルスは何を食べていたの? 古代の生物も現在の野生動物と同じように、それぞれの生活に合った生息地でくらしていました。この本では、古代と現代の地図を使って、恐竜と古代の生き物がくらしていた地域とその時代の地球のようす、くらしをさぐり、迫力のビジュアルとともに紹介。君が好きな恐竜の生息地はどこかな?

NHKラジオ「子ども科学電話相談」でも活躍中の田中康平先生(筑波大学生命環境系助教)監訳
「未来の恐竜ハカセ諸君! この本を読んで発掘に行く場所を決めよう。」

内容説明

コエロフィシス、ヘレラサウルス、プラテオサウルス、メソサウルス、シュノサウルス、クリオロフォサウルス、ティタノボア…古代と現代の地球の地図を使って、古代の生き物が生きていた時代と生息地、大陸の違いをさぐり、各大陸の主な地層や発掘現場、発見された化石を紹介。最新の情報をもとに復元した古代の生き物を掲載。小学3年生以上で習うおもな漢字にルビつき。

目次

恐竜のはじまり
北アメリカ
南アメリカ
ヨーロッパ
アフリカ
アジア
オーストラリアと南極
恐竜のあとの時代

著者等紹介

田中康平[タナカコウヘイ]
1985年名古屋市生まれ。北海道大学理学部卒業。カルガリー大学地球科学科修了。Ph.D.日本学術振興会特別研究員(名古屋大学博物館)を経て、筑波大学生命環境系助教。恐竜の繁殖行動や子育ての研究を中心に、恐竜の進化や生態を研究している

喜多直子[キタナオコ]
和歌山県生まれ。京都外国語大学卒。英語教師を経て翻訳者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。