やさしく知りたい先端科学シリーズ<br> IoT―モノのインターネット

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

やさしく知りたい先端科学シリーズ
IoT―モノのインターネット

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2022年08月12日 10時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422400662
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C0340

出版社内容情報

「IoT」とは「Internet of Things(モノのインターネット)」の略で、あらゆるモノの状態をセンサーで取得し、蓄積・分析したデータをインターネット経由で相互に連携・制御する技術をいう。センサーやAIなどのデジタル技術とともに進化するIoT本来の目的やしくみ、IoTによってもたらされる社会や暮らしの変化、スマート社会実現のための課題や問題点への対処など、写真やイラストを使ってやさしく解説するシリーズ第9弾。

〔本書の特色〕
◇IoTの目的と現状
あらゆるモノがインターネットを介してつながり、暮らしや産業を大きく変革する「IoT」の本来の目的について、背景と現状課題とともに初歩から解説。
◇IoTを構成する基本技術
センサーの種類や通信、取得データの蓄積・分析など、IoTシステムの構築・活用に必要な基本技術と相互連携のしくみを、イラストや図版を使って平易に図解。
◇IoTとAIとの関わり
IoTシステムの根幹をなすセンサーやクラウド技術の革新、さらには取得データの分析に大きな役割を果たすAIとIoTとの深い関わりを、具体例豊かに明示。
◇広がるIoTの利用シーン
最も身近な家庭内での生活シーンから、製造、流通、医療・介護などさまざまな業種・場面での活用例まで、広がりつつあるIoTの利用事例を紹介。
◇IoTが目指すべき将来像と課題
近未来社会における産業構造の変化や課題、問題点を理解・共有した上で、IoTが目指すべき将来像を提起。

内容説明

モノ・コト・ヒトがつながる社会。スマートライフ、DX推進に活用中。IoT本来の目的と現状課題を手はじめに、センサーやAI技術、多業種の事例、目指すべき将来像まで、本質理解のための必須知識を網羅。

目次

1 IoTの目的と現状(IoTとは何か;IoTシステムの目的と現状 ほか)
2 IoTを構成する基本技術(IoTシステムの全体像と構成要素;IoTに欠かせないセンサーの種類と役割 ほか)
3 IoTとAIとの関わり(IoTとAIの関係と役割;ビッグデータ分析とAI活用の手順 ほか)
4 広がるIoTの利用シーン(生活を便利にする家庭内のIoT利用;IoTによる働き方改革 ほか)
5 IoTが目指すべき将来像と課題(IoT関連技術の将来像;IoT進展の重要項目「標準化」 ほか)

著者等紹介

高安篤史[タカヤスアツシ]
合同会社コンサランス代表、中小企業診断士。早稲田大学理工学部工業経営学科(現・経営システム工学科)卒業後、大手電機メーカーで20年以上にわたり組み込みソフトウェア開発に携わり、プロジェクトマネジャー、開発部長を歴任する。現在は、IoTに関連するコンサルタント、研修講師として活動中。情報処理技術者(プロジェクトマネジャー、応用情報技術者、セキュリティマネジメント)、IoT検定制度委員会メンバー(委員会主査)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スプリント

11
自動化・AI化が加速するが、そのためには人の手による標準化やアルゴリズムの検討が必要。2022/08/05

Go Extreme

3
IoTの目的と現状: IoTとは何か IoTシステムの目的と現状 IoTに至る変遷と時代背景 IoTを構成する基本技術: IoTシステムの全体像と構成要素 IoTに欠かせないセンサーの種類と役割 IoTとAIとの関わり: IoTとAIの関係と役割 ビッグデータ分析とAI活用の手順 データ分析の前処理の重要性 広がるIoTの利用シーン: 生活を便利にする家庭内のIoT利用 IoTによる働き方改革 IoTが目指すべき将来像と課題: IoT関連技術の将来像 IoT進展の重要項目「標準化」2021/11/16

りうかん

1
デジタル化によってどんな風に変わっていくのか、またどんな人材が求められるのか、など大まかに解説してる本・・・かな。2022/05/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18507981

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。