ブライアン・コックス 宇宙への旅―BBC科学ドキュメンタリーより

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 256p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784422400310
  • NDC分類 440
  • Cコード C0344

出版社内容情報

英BBCの人気科学シリーズでプレゼンターをつとめた著者による、従来の解説書とはひと味違う、ロマンあふれる宇宙への案内書。

「我々はどこから来て、どこへ向かうのか」という宇宙論的探究の旅を、最先端の科学知識と少年の日の好奇心をもって情感豊かに語る。科学者の明晰な頭脳と旅人のロマンあふれる想像力との絶妙なバランスが、無限の恒星宇宙へと我々を誘う。宇宙誕生から終焉へと向かう悠久の時の流れを、人類史や科学史に重ねて、誰にもわかりやすく生き生きと解き明かした、これまでの解説書とはひと味違う、ロマンチック・サイエンスストーリー。

第1章 メッセンジャー
光の物語
光とは何か
タイムトラベル
宇宙の誕生

第2章 スターダスト
“存在”の起源
初期の宇宙
ビッグバンから太陽光まで──第一世代の恒星

第3章 落下
宇宙を造る力
月の引力
重力を感じる

第4章 運命
時の流れ
星の運命

【著者紹介】
ブライアン・コックス Brian Cox:素粒子物理学者、英国王立協会会員、マンチェスター大学教授。欧州合同原子核研究機関LHC加速器のATLAS実験に参加。一般には科学番組の解説で知られ、BBCの評判となった「太陽系の不思議」シリーズや「天体観測ライブ」でプレゼンターを務めた。また90年代には英国のポップグループD:Reamのキーボード奏者として活躍。

内容説明

宇宙誕生から137億年。今、時空をめぐる発見と興奮の旅が始まる。イギリスBBCの科学ドキュメンタリー番組「Wonders of the Universe」を完全書籍化。ナビゲーターのブライアン・コックスが古代遺跡を訪れ、化石を探し、無重力を体験しながら、宇宙の不思議へと迫る壮大なロマンティック・サイエンス・ストーリー。

目次

第1章 メッセンジャー(光の物語;光とは何か;タイムトラベル)
第2章 スターダスト(“存在”の起源;初期の宇宙;ビッグバンから太陽まで―第一世代の恒星)
第3章 落下(宇宙を造る力;月の引力;重力を感じる)
第4章 運命(時の流れ;星の運命)

著者等紹介

コックス,ブライアン[コックス,ブライアン] [Cox,Brian]
素粒子物理学者、英国王立協会会員、マンチェスター大学教授。欧州合同原子核研究機関LHC加速器のATLAS実験に参加。一般には科学番組の解説で知られ、BBCの評判となった「太陽系の不思議」シリーズや「天体観測ライブ」でプレゼンターを務めた。また90年代には英国のポップグループD:Reamのキーボード奏者として活躍

コーエン,アンドルー[コーエン,アンドルー] [Cohen,Andrew]
BBC科学部門のチーフで、BBC「太陽系の不思議」シリーズのプロデューサー。15年にわたって科学放送番組のキャリアを積み、「トゥモロウズ・ワールド」、「ホライズン」などBBCの看板シリーズともいえる科学番組を手がけた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kocka

2
TV録画のモンティ・パイソンに登場したので驚き、久々にコックス教授に会いに宇宙への旅をパラパラと。写真が多いので、印刷臭が強くてまだじっくり読めない悲しさがあります。2014/10/04

5〇5

0
宇宙の姿に迫る本。 「どこかで、信じられないような何かが、発見されるのを待っている」カール・セーガン。  けだし名言だわ~♡ (^^)v2014/11/16

周藝傑

0
画像がとても綺麗で、知らない面白い知識もいっぱいあり、とっても素晴らしい本だ。残念なのは、自分はあまり時間がなく、自律性もよくなく、もっとゆっくりと読めばいい。もっと天文学を勉強研究すれば良いな。天文を見るほど、政治、情愛、環境などの世間のことがどうでも良いと思ってしまう。本当に星になりたいが、自分が人間だから、人間のやること、しゃべることをやる仕方がない。2014/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5673009

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。