世界図書館遺産―壮麗なるクラシックライブラリー23選

個数:
  • 動画あり

世界図書館遺産―壮麗なるクラシックライブラリー23選

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 09時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 247p/高さ 26X26cm
  • 商品コード 9784422311074
  • NDC分類 012
  • Cコード C0036

出版社内容情報





フランスの建築写真家が、西欧を中心に世界12カ国、23の図書館を巡り、絢爛豪華な空間美を約200点の美しい写真に収めた。ヨーロッパを中心に世界12カ国、計23館の何にも代えがたい歴史的に貴重なクラシックライブラリーを紹介。

その絢爛豪華な空間美に魅せられた一人のフランスの建築写真家が、天井画から書架まで、閲覧室を彩る優美な室内装飾を余すところなくそのフィルムに収めた。

王宮の一角に建てられたヨーロッパ最大級のバロック建築で知られるオーストリア国立図書館に始まり、世界最古の聖書写本を有するヴァチカン図書館、南ドイツ一の美しさを誇るヴィブリンゲン修道院図書館、フランス最古の公共図書館であるマザラン図書館、ヨーロッパでも有数の伝統を誇るボドリアン図書館、ハリーポッターの世界を思わせるジョン・ライランズ図書館、スペインのエル・エスコリアルにある世界遺産に登録された修道院の図書館、そしてアメリカを代表するニューヨーク公共図書館、サンクトペテルブルクにあるロシア最古の公共図書館として知られるロシア国立図書館まで、人類の知の遺産を保管する場所として、その建物や空間そのものが格別な輝きを放つ。

写真点数約200点。パノラマビューが堪能できる大型折り込み写真4点を収載。

【本書に登場する図書館】

オーストリア
オーストリア国立図書館
ベネディクト会アドモント修道院図書館

ドイツ
ヴィブリンゲン修道院図書館
ベネディクト会メッテン修道院図書館
アンナ・アマリア公妃図書館

イタリア
ヴァチカン図書館
リッカルディアーナ図書館

フランス
マザラン図書館
フランス学士院図書館
上院図書館
オマール公の図書室

スイス
ザンクト・ガレン修道院図書館

イギリス
ボドリアン図書館
トリニティ・カレッジ、レン図書館
ジョン・ライランズ図書館

アイルランド
トリニティ・カレッジ図書館

チェコ
プラハ国立図書館

スペイン
王立エル・エスコリアル修道院図書館

ポルトガル
マフラ国立宮殿図書館

アメリカ合衆国
ボストン・アシニアム
アメリカ議会図書館
ニューヨーク公共図書館

ロシア
ロシア国立図書館

ギヨーム・ド・ロビエ[ギヨーム ド ロビエ]
写真

ジャック・ボセ[ジャック ボセ]
著・文・その他

遠藤 ゆかり[エンドウ ユカリ]
翻訳


内容説明

未来に遺し続けたい、極上の空間美。フランスの建築写真の第一人者が、ヨーロッパを中心に世界12カ国、計23におよぶ由緒ある図書館を訪ね歩き、その絢爛豪華な空間・意匠を約200点の美しい写真に収めた。それぞれの図書館の成り立ちやドラマに満ちた歴史をひもとく解説も収録。

目次

オーストリア
ドイツ
イタリア
フランス
スイス
イギリス
アイルランド
チェコ
スペイン
ポルトガル
アメリカ合衆国
ロシア

著者等紹介

ド・ロビエ,ギヨーム[ドロビエ,ギヨーム] [de Laubier,Guillaume]
フランスの建築写真家。25年以上にわたって『エル・デコ』『アーキテクチャル・ダイジェスト』『フィガロ』などの建築雑誌やインテリア誌、ライフスタイル誌でキャリアを重ねる。近年は書籍を中心に活躍

ボセ,ジャック[ボセ,ジャック] [Bosser,Jacques]
作家、ジャーナリスト、翻訳家。建築やデザインをテーマに執筆。多くの建築雑誌や美術雑誌に寄稿するほか、現代アートやジュエリー関連書の制作にも関わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鱒子

60
図書館本。ニューヨーク公共図書館「バナナフィッシュ(吉田秋生著)」のアッシュが死んだのはこの図書館か…と感慨深いです(ノД`) ここが一番好みの図書館でした。 印刷技術が発展するまで、歴史上 一般人とは縁の無かったヨーロッパの本。そのせいで、本そのものが贅を凝らした貴重品で、図書館は貴族や知識階級のためのアート作品スペースという感が強かったのでしょう。どの図書館も素晴らしく芸術的でした。2018/07/23

けろり

53
世界にはこんなにも素敵な図書館があるのかと驚きです。一種の博物館ですね。行きたいところが増えてしまい、嬉しい悲鳴です。2018/05/22

しゅてふぁん

51
壮麗な図書館の写真を堪能。この歴史的建造物の重厚さは正しく歴史の重みだ。写真で見たり観光客気分で訪れるにはとても夢のある空間。でも普段使いの図書館としては(←ありえないけど)豪華すぎて全く落ち着かないだろうな(笑)今ではほとんどの図書館が見学のみだけれど、かつては図書館として機能していたと思うとワクワクする。今後外国に行く機会があれば、図書館も見学スポットに入れておかないと!2019/05/25

ユウユウ

36
写真を見ただけで思わず溜息が出るような図書館。この場に立ったら目が眩むんだろうな。そのまま倒れても本望かもしれない。ただただ美しいです。2018/06/14

とよぽん

21
世界、といってもヨーロッパ、アメリカ、ロシアの修道院図書館、国立図書館、私立図書館を中心に編集されている。書籍よりもハコモノとしての図書館の素晴らしさ! 彫刻や絵画、壁画、円天井などの装飾、建築美、文化と芸術の粋を見せつけてくれる。図書館遺産・・・昔、一部の特権階級だけが使用を許された特別な空間だった。まあ、目の保養になったけど。2018/07/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12795815

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。