古地図が語る大災害―絵図・瓦版で読み解く大地震・津波・大火の記憶

個数:
電子版価格 ¥2,160
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

古地図が語る大災害―絵図・瓦版で読み解く大地震・津波・大火の記憶

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 158p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422250786
  • NDC分類 210.17

内容説明

古代から近代までの古地図・瓦版等を題材に、歴史上繰り返されてきた大災害の記録を読み解き、人の営みと教訓に学ぶ。大災害を生き延びた人々が書き残してきたメッセージ。折込み付録・新雕大坂細見全図、大坂大津浪図、大阪今昔三度の大火、災害モニュメント探訪記。

目次

第1章 地震と津波の国で
第2章 古地図にみる南海トラフ大地震
第3章 関西の大地震・大津波
第4章 日本史上最大級の地震の記憶
第5章 京阪神の大水・大火、その教訓
第6章 記憶の伝え方

著者紹介

本渡章[ホンドアキラ]
1952年生まれ。作家。1996年、第三回パスカル短篇文学新人賞優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

古地図等を題材に、歴史上繰り返されてきた大地震・津波・大火の記録を読み解く。好評「古地図むかし案内」シリーズ姉妹編。

大地震・津波・大火に襲われるたびに復興してきた人々が、書き残してきたメッセージとは――。古代から近代までの古地図・瓦版等を題材に、歴史上繰り返されてきた大災害の記録を読み解き、人の営みと教訓に学ぶ。記憶を風化させず、来たるべきその時に備えて、希望を持って生きるための書。好評「古地図むかし案内」シリーズの姉妹編として様々な時代、形状の絵図をカラーで掲載。折込み絵図・災害モニュメント探訪記の付録つき。

まえがき

◆第1章 地震と津波の国で
1 本題の前に大事な話
 ヒントはどこに
 三六人の「わたしの地震対策」
 阪神・淡路大震災以後の防災意識
 東日本大震災以後の防災意識
 危険を忘れる心理
 良寛さんの真意
 人生のリスク、人生のイベント
2 古地図、地震を語る
 明治の地図の使い方
 図書館を利用する
 明治の一枚もの地図
 古地図でみる阪神・淡路大震災
 古代の大阪の図と地震
 大阪の活断層分布
 断層と地形からみた京都
 地震からみた神戸
 地震国の図
 風光と名産と大災害と
  コラム(1) 地震・津波も退散、要石とは
◆第2章 古地図にみる南海トラフ大地震
1 江戸時代と平成は地続き
 大阪にも大津波があった
 南海トラフ巨大地震の新聞報道
 数字だけでは伝わらない
 大津波の災害地図
 街のかたちの変遷
 現代の大阪とくらべると
 川口という名の海の玄関
2 大阪府最終想定の現実味
 大津波は川を上った
 陸と川、どちらが安全
 津波の死者は地震の数千倍
 最大の被災地、幸町で
 時に雨風、災禍なし
 津波の猛威を書き残す
 再現された悲劇
 一万艘の船が津波に
 地盤の高さが分かれ目
3 くりかえす広域災害
 堺の大津波図と津波碑 
 旧五箇国大地震・大津波の図
 広域災害としての安政地震
 古地図版「大地震年代記」の警告
  コラム(2) 大地震と「世直シ」の旗
◆第3章 関西の大地震・大津波
1 古代から『方丈記』『太平記』の時代
 最古の南海トラフ大地震
 受難の九世紀
 古都を揺るがした大地震
 鴨長明、地震を語る
 『太平記』に登場した大地震
2 秀吉時代から近代
 秀吉は二度、大地震に遭遇した
 関西北部で最大規模の地震
 江戸時代を揺るがした大地震
 京都の三大地震
 昭和の二つの大地震
 明治~平成、神戸の場合
  コラム(3) 慶長の鯰、安政の鯰
◆第4章 日本史上最大級の地震の記憶
1 宝永地震を知っていますか
 南海トラフ巨大地震としての宝永地震
 津波の死者二万四千人
 被害範囲は九州から静岡まで
 江戸に富士の火山灰が降る
 大地震と巨大地震
 国難が想定される
2 一九の大地震があった
 八つの南海トラフ大地震
 宝永地震、安政南海地震の再来
 活断層による六つの大地震
 さらに五つの大地震
  コラム(4) 地震と雷、ところ選ばず
◆第5章 京阪神の大水・大火、その教訓
1 都市のリスク、大水の場合
 平安京の洪水
 京・大阪を襲った摂河大水害
 慶応四年の広域大洪水
 大阪駅が浸水、明治の大洪水
 谷崎が描いた阪神大水害
 京都で集中豪雨第一号
 再び神戸に大水害
2 減災への道、大火の場合
 都市災害としての平安京大火
 天明の京都大火にみる命の重み
 大阪、北の大火の危険度
 大火災を呼ぶ地震
  コラム(5) 近畿大風水害と関東大震災
◆第6章 記憶の伝え方
1 何を、どのように、伝えるか
 記憶を新たなメッセージに
 末代までの話題の種
 記憶に残る記録
2 さまざまな記憶のかたち
 暮らしとともに伝えていく
 大津波の石碑は今も
 淀川は覚えている
 歌舞伎になった大地震
  コラム(6) 語り継がれる稲むらの火の物語

あとがき
参考文献
さくいん

【著者紹介】
1952年生まれ。作家。著書『大阪古地図むかし案内』『続・大阪古地図むかし案内』『続々・大阪古地図むかし案内』『大阪暮らしむかし案内』『大阪名所むかし案内』『京都名所むかし案内』『奈良名所むかし案内』(創元社)、『大阪古地図パラダイス』(140B)、『大阪人のプライド』(東方出版)など。共著書『大阪の教科書』(創元社)。1996年、第3回パスカル短篇文学新人賞優秀賞受賞。編著書『超短編アンソロジー』(ちくま文庫)。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件