決定版日本珍景踏切

個数:
  • 動画あり

決定版日本珍景踏切

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2022年08月12日 17時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 144p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422240992
  • NDC分類 516.25
  • Cコード C0065

出版社内容情報



踏切――それは異文化である「鉄道」と「道路」が交わる場所に生まれた、ひとつの“個性”。

小さくて可憐な踏切もあれば、四季折々の花に彩られる踏切、大渋滞を生み出す踏切、はたまた線路数がやたらに多い踏切もあり、意外に(?)見どころがある。

本書はそうした日本全国にあるユニーク踏切の“いま”をまとめた踏切ガイド。絶景踏切“映え”スポットから知られざる珍景踏切まで、魅惑の「踏切ワールド」を堪能していただきたい。

〈目次〉 ※一部のみ掲載
序 魅惑の「踏切ワールド」へようこそ

●Part1 踏切を横切るものは……
●Part2:遮断機バラエティ
●Part3:踏切の「先」にあるもの
●Part4:参道の踏切
●Part5:芸術的踏切
●Part6:都会の中の踏切
●Part7:ナンバーワン&オンリーワン踏切
●Part8:おかしな踏切道

[コラム]
・「踏切」を構成するもの
・踏切の種類
・警報機にも「いろいろ」ある
・踏切の色、色、色
・ユニークな踏切注意標識
・消えゆく踏切、探索はこれからも続く

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

旅するランナー

180
表紙を飾る、名古屋鉄道犬山線布袋~江南の踏切越しの大仏が文字通り目玉です。全国の個性豊かな踏切が盛り沢山。細かいこだわりで見せ付ける、著者の振り切り具合がハンパない。山手線に唯一現存する踏切(田端~駒込)、日本の鉄道線の最高地点は踏切(JR東・小海線野辺山~清里)、電気機関車桃太郎が横切る桃太郎踏切(JR四国・予讃線鬼無~香西)など、そうさ僕らは日本に一つだけの踏切です。2020/08/27

えっくん

26
★★★☆☆鉄ちゃんではないですが、図書館返却本コーナーにあった本書に妙に惹かれ借本。全国各地の踏切珍百景をフミキリストの著者が紹介。電鉄は寺社参りのニーズに応じて発展していったことを裏付けるように参道を横切って踏切が設置されてしまったり、表紙カバーのような大仏さんの目に踏切シグナルが重なった写真や、新幹線の線路上にあるはずがない踏切など珍しい光景が満載です。さらに海の見える踏切の情景写真も美しいです。かつて開かずの踏切と言われた線路も今は高架化され、踏切自体が撤去されている箇所も多く貴重な存在のようです。2020/07/31

keith

20
全国のユニークな踏切。通勤に使ってる路線の踏切もあってちょっと嬉しかった。お寺へ行く階段の途中にある踏切には驚きましたが、最後まで見てたらお腹いっぱいなった。2020/09/16

スプリント

11
この手の本は知っている場所が掲載されていると嬉しくなりますね。知っている場所なのに違った風景に見えるのが写真の良いところです。2020/08/15

Gamemaker_K

6
津軽鉄道の菜の花踏切が採用されていたので、借りてしまった。Googleマップと合わせてみるのも楽しいんだろうか(年末休みに再度レンタルして試してみよう)。…踏み切りに関しては辛い思い出があり、引っかかったときにはよく思い出す。渡りきると忘れてしまうのだが。2020/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15802180

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。