アルケミスト双書<br> 数の謎はどこまで解けたか―自然数から無限のそのまた向こうまで

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

アルケミスト双書
数の謎はどこまで解けたか―自然数から無限のそのまた向こうまで

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月24日 15時48分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 58p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784422215402
  • NDC分類 412
  • Cコード C0341

出版社内容情報

自然数から無限のそのまた向こうまで

目の前にあるものを数えることからはじまり、
ゼロ、負の整数、無理数の発見と、
人類は常に数の概念を拡張してきた。

数と数が作るパターンは、
数の概念を学ぶ者たちの心を魅了する。
そのパターンは、
数字の並びに現れた反復パターンのように
はっきり目に見えることもあれば、
パスカルの三角形のように
深遠な真実を隠していることもある。

なかには、素数のパターンのように
つかみどころがなく何千年もの間数学者が
頭をかきむしる原因になっているものもある。

この本は、黄金比、メルセンヌ素数、
フェルマーの小定理、多元数、巨大数など
数にかかわるさまざまな発見と
謎を駆け足で見ながら、
数学の深淵を旅する本である。


【もくじ】

はじめに
何進法を用いるか?
自然数
素数
多角数
多面体数
ピタゴラス数
ゼロ
負の数
数の分割
合同算術
有理数
無理数
黄金比
π と e
複素数
連分数
補分数
階乗数
代数的数
超越数と超限数
パスカルの三角形と二項定理
数の並び方
ユークリッドの互除法
算術の基本定理
フェルマーの小定理
メルセンヌ素数
多元数(超複素数)
ミステリアスな数
巨大数

目次

数の書き方
自然数
素数
多角数
多面体数
ピタゴラス数
ゼロ
負の数
数の分割
合同算術〔ほか〕

著者等紹介

リントン,オリヴァー[リントン,オリヴァー] [Linton,Oliver]
イギリス在住。長年にわたってコンピューターサイエンスとコンピューターの教育現場での活用を研究してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Bartleby

11
とくに数論を視覚的に楽しめるようにした本。17世紀の「階乗の表」、「ピタゴラス数」「無限連分数」…それにいろいろ無知が補完されてよかった。ネイピア数eや円周率πなどの超越数の何となくスゴそうなその名の意味は、単に代数的数ではないという意味だった(四則や累乗、開方では表せないということ)。あとユークリッドの互除法の原理もおかげで完璧に理解できた。驚いたのが「多元数」。複素数の虚軸に加えてさらに一つ虚軸を加えることで拡張された超複素数。3次元フラクタルを描くのに便利らしいが?複雑系を表すのに使うやつかな。2023/02/26

都人

2
項目毎の説明が短く、簡略過ぎて、かえって理解しずらい。2022/09/04

takao

2
ふむ2022/08/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19659120
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。