図説 第二次世界大戦 ドイツ軍の秘密兵器 1939‐45

個数:

図説 第二次世界大戦 ドイツ軍の秘密兵器 1939‐45

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 09時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4変判/ページ数 224p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784422215297
  • NDC分類 559
  • Cコード C0022

出版社内容情報

第二次世界大戦期にドイツで研究された秘密兵器開発の経緯や性能、技術的変遷を解説。各種兵器の資料写真・図版・性能図表多数。第二次世界大戦以前および大戦中のドイツでは、数々の秘密兵器が研究・開発されていた。

本書ではそれら秘密兵器を種別ごとに網羅、多数の資料写真や図版、図表を交えながら開発の経緯や性能、技術的変遷を解説する。

ヨーロッパ諸国を驚嘆させ、第二次世界大戦後の世界各国の兵器開発に多大な影響を与えた秘密兵器の研究から運用までがわかる1冊。

〈本書の特徴〉
1)ドイツ陸軍、海軍、空軍という3つの軍種が研究開発を試みた秘密兵器を網羅。

2)兵器は、種別ごとに整然と分類(例えば、ロケット戦闘機、地対空ミサイルといったように)、制式化されたもの、及び計画段階で終わったものを、時系列で紹介しているため、ドイツ軍各種兵器の技術的変遷が容易に理解できる。

3)兵器の性能データが可能な限り図表化。さらにカラーイラストや写真をふんだんに取り入れることで、視覚的理解を促進。

4)ドイツ軍の秘密兵器の紹介だけに留まらず、こうした兵器が、第二次世界大戦後の世界各国の兵器に与えた影響にまで言及されている。

監訳者はしがき

序 ドイツ軍の秘密兵器開発
1 ジェット推進航空機
2 ロケット推進航空機
3 ハイブリッド航空機とグライダー
4 回転翼機
5 地対地ミサイル
6 空対空ミサイル
7 空対地ミサイル
8 地対空ミサイル
9 火砲
10 戦車と対戦車兵器
11 潜水艦および魚雷
12 核・生物・化学兵器
附録 秘密兵器の末裔たち

用語集
索引

ロジャー・フォード[ロジャー フォード]
著・文・その他

石津 朋之[イシヅ トモユキ]
監修/翻訳

村上 和彦[ムラカミ カズヒコ]
翻訳

小椿 整治[コツバキ セイジ]
翻訳

由良 富士雄[ユラ フジオ]
翻訳

内容説明

第二次世界大戦以前および大戦中のドイツでは、数々の秘密兵器が研究・開発されていた。本書ではそれら秘密兵器を種別ごとに網羅、多数の資料写真や図版、図表を交えながら開発の経緯や性能、技術的変遷を解説する。ヨーロッパ諸国を驚嘆させ、第二次世界大戦後の世界各国の兵器開発に多大な影響を与えた秘密兵器の研究から運用までがわかる1冊。

目次

ジェット推進航空機
ロケット推進航空機
ハイブリッド航空機とグライダー
回転翼機
地対地ミサイル
空対空ミサイル
空対地ミサイル
地対空ミサイル
火砲
戦車と対戦車兵器
潜水艦および魚雷
核・生物・化学兵器
附録 秘密兵器の末裔たち

著者等紹介

フォード,ロジャー[フォード,ロジャー] [Ford,Roger]
近現代の兵器の発達および戦場における運用を研究。南仏在住

石津朋之[イシズトモユキ]
防衛省防衛研究所戦史研究センター国際紛争史研究室室長。防衛庁防衛研究所(当時)入所後、ロンドン大学キングス・カレッジ戦争研究学部名誉客員研究員、英国王立統合軍防衛安保問題研究所(rusi)客員研究員、シンガポール国立大学客員教授を歴任

村上和彦[ムラカミカズヒコ]
元防衛研究所戦史研究センター国際紛争史研究室主任研究官。元空将補。防衛大学校理工学部航空工学科卒業、米国チャップマン大学修士課程及びハワイ・パシフィック大学修士課程修了

小椿整治[コツバキセイジ]
防衛研究所戦史研究センター国際紛争史研究室所員。2等空佐。防衛大学校理工学部機械工学科卒業、青山学院大学国際政治経済学研究科修士課程修了

由良富士雄[ユラフジオ]
防衛大学校防衛学教育群統率・戦史教育室准教授。2等空佐。防衛研究所戦史研究センター国際紛争史研究室所員(翻訳時)。大阪教育大学教育学部卒業、防衛大学校総合安全保障研究科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

植田 和昭

11
ドイツ製原爆の設計図や、核弾頭付き V1,V2のイラストが載っていてすごいです。でも、この爆弾では、プルトニウムが早爆してしまいます。すごく面白かったので、シリーズ化を期待しています。2018/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12592035

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。