第二次世界大戦秘録 幻の作戦・兵器1939‐45

個数:

第二次世界大戦秘録 幻の作戦・兵器1939‐45

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月20日 14時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 192p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784422215266
  • NDC分類 391.2
  • Cコード C0022

内容説明

第二次世界大戦中に構想されるも、さまざまな理由により実施されなかった幻の作戦、戦局を変える可能性を秘めながらも日の目を見なかった秘密兵器の数々。それらはいかなる目的のもとに立案・開発され、いかなる理由で断念されたのか。本書では、近年公開された機密文書を多数収録。膨大な史料を繙きながら、作戦・兵器の全容から戦争の舞台裏まで丹念に解説、知られざる真相、意外な物語を明らかにする。

目次

第1章 1939‐1941年(ストラトフォード作戦(イギリスによるスカンジナビア侵攻作戦)
ウィルフレッド作戦/R4計画(イギリスによるノルウェー侵攻計画) ほか)
第2章 1942年(タルサ作戦(アメリカによるラバウル侵攻作戦)
ヘラクレス作戦(ドイツによるマルタ島侵攻計画) ほか)
第3章 1943年(ラウンドアップ作戦(アメリカによるヨーロッパ侵攻計画)
コンステレーション作戦(イギリスによるチャネル諸島奪還作戦) ほか)
第4章 1944年(ブリムストーン作戦(連合国によるサルディーニャ侵攻計画)
ブルドーザー作戦(イギリスによるアキャブ侵攻計画) ほか)
第5章 1945年(「その発想はなかった」作戦(イギリスによるソ連攻撃計画)
アクチオン24(ドイツによるヴィスワ川への自爆攻撃) ほか)

著者等紹介

ケリガン,マイケル[ケリガン,マイケル][Kerrigan,Michael]
セント・エドワード・カレッジおよびユニバーシティ・カレッジ(オックスフォード大学)に学ぶ。古代から現代までの歴史に通暁し、意外な切り口からの叙述に定評がある

石津朋之[イシズトモユキ]
防衛省防衛研究所戦史研究センター国際紛争史研究室長。獨協大学外国語学部英語学科卒業、ロンドン大学スクール・オブ・オリエンタル・アンド・アフリカン・スタディーズ大学院修士課程およびロンドン大学キングス・カレッジ大学院修士課程修了。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス大学院博士課程中退。オックスフォード大学大学院研究科修了。ロンドン大学キングス・カレッジおよび英国王立統合軍防衛安保問題研究所(RUSI)で客員研究員を歴任

餅井雅大[モチイマサヒロ]
防衛省防衛研究所戦史研究センター国際紛争史研究室教官。国際基督教大学教養学部卒業、一橋大学国際・公共政策教育部専門職学位課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

近年公開された各国の機密文書をもとに、実行されぬままに終わった作戦、未完成の秘密兵器を詳説。英米独日軍に事例を多数収録。

第二次世界大戦中に構想されるも、さまざまな理由により実施されなかった幻の作戦、戦局を変える可能性を秘めながらも日の目を見なかった秘密兵器の数々。それらはいかなる目的のもとに立案され、いかなる理由で断念されたのか。近年公開された機密文書を含む膨大な史料を繙きながら、英独米日を中心に各国の作戦・兵器の全容から戦争の舞台裏まで丹念に解説、知られざる真相や意外な物語を明らかにする。

第1 章 1939-1941年

ストラトフォード作戦(イギリスによるスカンジナビア侵攻作戦)
ウィルフレッド作戦/R4 計画(イギリスによるノルウェー侵攻計画)
W 計画(イギリスによるアイルランド占領計画)
キャスリーン計画(IRAによる北アイルランド侵攻計画)
タンネンバウム作戦(ドイツによるスイス侵攻計画)
イカロス作戦(ドイツによるアイスランド侵攻計画)
ハンマー作戦(イギリスによるトロンハイム侵攻計画)
アシカ作戦(ドイツによるイギリス侵攻計画)
グリーン作戦(ドイツによるアイルランド侵攻計画)
アメリカとアゾレス諸島(アメリカによるアゾレス諸島侵攻計画)
フェリックス作戦(ドイツによるジブラルタル侵攻計画)
シュラプネル作戦(イギリスによるカーポベルデ諸島侵攻計画)
イサベラ作戦(ドイツによるアイスランド侵攻計画)
リシン毒針雨(連合国の秘密兵器)

第2 章 1942年

タルサ作戦(アメリカによるラバウル侵攻作戦)
ヘラクレス作戦(ドイツによるマルタ侵攻計画)
炭疽菌爆弾(イギリスの秘密兵器)
スレッジハンマー作戦(連合国によるフランス北東侵攻計画)
オーストラリアに行くべきか、行かざるべきか?(日本軍によるオーストラリア侵攻計画)
セイロン作戦(日本軍によるセイロン侵攻計画)
マダガスカル作戦(日本軍によるマダガスカル侵攻計画)
アメリカ爆撃機(ドイツの秘密兵器)
大型爆撃機「富嶽」(日本軍の秘密兵器)
オスプレイ作戦(ドイツによるIRA 訓練計画)
パストリアス作戦(ドイツによるアメリカ国内での破壊工作)
シャミール作戦(ドイツによるコーカサス油田占領計画)
ベルンハルト作戦(ドイツによるイギリス・アメリカ経済撹乱計画)
ゲルトルード作戦(ドイツによるトルコ侵攻計画)

第3 章 1943年

ラウンドアップ作戦(アメリカによるヨーロッパ侵攻計画)
コンステレーション作戦(イギリスによるチャネル諸島奪還作戦)
独裁者とダムバスターズ(イギリスによるムッソリーニ暗殺計画)
氷山空母(ハバクク計画)(イギリスの秘密兵器)
ハンドカフ作戦(イギリスによるロードス島侵攻計画)
サタン作戦(アメリカのチュニジア攻撃作戦)
伊四〇〇型潜水空母と「晴嵐」水上機(日本軍によるパナマ運河攻撃計画)
カルバリン作戦(連合国によるスマトラ奪還計画)
スパーク作戦(ドイツ国防軍将校によるヒトラー暗殺計画)
ロングジャンプ作戦(ドイツによる連合国三首脳の殺害計画)
ラバト作戦(ドイツによるローマ教皇誘拐作戦)
アイゼンハンマー作戦(ドイツによるモスクワの発電所攻撃計画)
パンツァーVII 型「マウス」(ドイツの秘密兵器)
ヴェルヴェット作戦(連合国によるコーカサス油田防衛計画)

第4 章 1944年

ブリムストーン作戦(連合国によるサルディーニャ侵攻計画)
ブルドーザー作戦(イギリスによるアキャブ侵攻計画)
トランスフィギュア作戦(連合国によるドイツ退却経路封鎖計画)
フォックスレイ作戦(イギリスによるヒトラー暗殺計画)
ツェッペリン作戦(ドイツによるスターリン暗殺計画)
ダニー計画(アメリカによるV1 発射拠点攻撃計画)
Z 計画(ドイツの建艦計画)
V3 高圧ポンプ砲(ドイツの秘密兵器)
V2 大陸間弾道ミサイル(ドイツの秘密兵器)

第5 章 1945年

「その発想はなかった」作戦(イギリスによるソ連攻撃計画)
アクチオン24(ドイツによるヴィスワ川への自爆攻撃)
アルプス国家要塞(ドイツ最後の抵抗計画)
ダウンフォール作戦(連合国による日本本土侵攻計画)

【著者紹介】
セント・エドワード・カレッジおよびユニバーシティ・カレッジ(オックスフォード大学)に学ぶ。古代から現代までの歴史に通暁し、意外な切り口からの叙述に定評がある。著書:『世界の碑文』『図説ローマ皇帝史』『図説アメリカ大統領』『図説世界史』など多数。