アルケミスト双書<br> リトル・ピープル―ピクシー、ブラウニー、精霊たちとその他の妖精

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

アルケミスト双書
リトル・ピープル―ピクシー、ブラウニー、精霊たちとその他の妖精

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月21日 10時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 77p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784422214771
  • NDC分類 388.33
  • Cコード C0322

出版社内容情報

イギリス諸島では、大昔から小さな人たちの姿が何度も目撃されてきた。家の暖炉脇を寝床にして家事を助けるなど人々と親しい関係を持つものもいたし、自然を汚すものを川に引き込んで恐ろしい復讐をたくらむような、荒々しいものもいた。彼らは姿も性格も千差万別。リトル・ピープルと総称されるこの小さな妖精たちの秘密を探求する。村上春樹著『1Q84』に登場する謎めいたリトル・ピープルの正体を知るためのヒントがあるかもしれない。巻末にリトル・ピープル辞典付き。

目次

むかしむかしのことでした…
今も残る魔法の力
世界の境をさまよって
第二の視力
白く泡立つ清流と泉
ほとばしる水の世界
湖の女主人
砂と泡
魅惑の洞窟
魅力的な山の洞
自然の森
密集した低木
樹木と薬
緑のガリトラップ
谷間や渓谷、低地
ホロウ・ヒルの扉
星の女王
霧のたちこめた草原
ぬかぬんだ沼地
畑や農場を跳ねまわるもの
暖炉への敬意
魔法の庭
ごきげんよう
リトル・ピープル辞典

著者等紹介

ジョンソン,ポール[ジョンソン,ポール][Johnson,Paul]
作家、古代史研究家。ルーン文字や妖精伝説が専門

藤田優里子[フジタユリコ]
英文訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

花林糖

18
イギリス諸島の妖精について。挿絵が好みではないのが少し残念だけれど、内容は面白かった。巻末のリトル・ピープル辞典が有難い。四葉のクローバー探して彼らの姿を見てみたい。2016/10/29

sibasiba

15
イギリスの妖精についてのイラスト小図鑑。知ってるの知らないの半々、やっぱ妖精って日本で言うと単に妖怪のことだよな。洗礼を受けられなかった云々が多いからキリスト教の影響を感じる。2016/05/14

井の中の蛙

6
イギリス・アイルランドの妖精について。こういう図鑑は好きかもしれない。ロード・オブ・ザ・リングや、ハリー・ポッター、グレムリンなど映画を思い出しながら読んだ。2024/02/12

6
リトル・ピープルと聞いて最初に思ったのが、村上春樹の1Q84に出てくる「リトル・ピープル」が何者であるのかわかるかもしれないということだった。読んでみてわかったということはなかったけど、リトル・ピープルは生活の中での守り神のような存在。毎日の日々の中に自然を守っている妖精たちがいると思うと、いつも見ていた景色が少し違って見える。今度庭に行ったときにあの言葉を囁いてみようと思う。2010/08/25

逢日

4
この手の妖精本が好きだ。スケッチ風のイラストがよい味を出している。2023/12/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/595195
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。