「知の再発見」双書<br> ヴュイヤール―ゆらめく装飾画

個数:

「知の再発見」双書
ヴュイヤール―ゆらめく装飾画

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月22日 03時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 158p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784422212265
  • NDC分類 723.35
  • Cコード C0371

出版社内容情報

大胆な構図と平面的な展開や短縮法、調和性を重視した色彩表現を駆使。ナビ派を代表するフランス人画家の作品と歩みを紹介。エドゥアール・ヴュイヤールは、ピエール・ボナールやモーリス・ドニとともにナビ派を代表するフランスの画家のひとり。大胆に切断される構図と平面的な展開や、短縮法、調和性を重視した色彩表現を駆使した絵画作品を制作した。また、ベル・エポック時のパリにおいて、室内装飾や舞台美術も精力的に手掛けた。人物像としては、厳格で繊細。ストイックに制作に励み、生涯独身を通した稀有な画家の作品と歩みを紹介。

第1章 ナビが語りかけること
第2章 演劇におけるように
第3章 密室の戦略
第4章 大装飾
第5章 時の仕事
第6章 パラダイスにて
資料編

ギィ・コジュヴァル[ギィ コジュヴァル]
著者:ギィ・コジュヴァル/1955年パリ生まれ。国籍はフランス、カナダ。1982年から1984年まで、ローマのフランス・アカデミー宿泊研究員。イタリア・ルネサンス期の建築からヒッチコックまで、研究対象は幅広い。リヨン美術館学芸員、ルーヴル美術館学芸員、ルーヴル美術学校教授、カナダ・モントリオール美術館館長などを務め、この間、ヴュイヤールのカタログ・レゾネを編纂し、2003―04年に米加仏英を巡回した「ヴュイヤール展」や2006―07年の「モーリス・ドニ展」の主任コミッショナーを務めた。2008年からオルセー美術館館長。

小泉 順也[コイズミ マサヤ]
監修者:小泉順也/一橋大学准教授。専門は西洋美術史、美術館学。フランス近代美術史に詳しい。

遠藤 ゆかり[エンドウ ユカリ]

目次

第1章 ナビ派であることが意味するもの
第2章 まるで芝居のように
第3章 閉ざされた室内の駆け引き
第4章 大装飾画
第5章 時間の作用
第6章 楽園にて
資料篇―ゆらめく装飾画

著者等紹介

コジュヴァル,ギィ[コジュヴァル,ギィ] [Cogeval,Guy]
ローマのフランス・アカデミーで学ぶ。エコール・デュ・ルーヴル(ルーヴル美術学校)教授。フランス文化財博物館館長、カナダのモントリオール美術館館長などを経て、2008年からオルセー美術館およびオランジュリー美術館館長を務める。「ナビ派の時代展」、「ヴュイヤール大回顧展」など、数多くの展覧会を企画している

小泉順也[コイズミマサヤ]
1975年生まれ。東京大学教養学科卒、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了、博士(学術)取得。現在、一橋大学大学院言語社会研究科准教授。専門はポール・ゴーガン、ナビ派を中心とするフランス近代美術史

遠藤ゆかり[エンドウユカリ]
上智大学文学部フランス文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takakomama

1
「オルセーのナビ派展」の予習と復習。著者はオルセー美術館館長。載っている絵画の何枚かの実物を観られてタイムリーでした。全然知らない画家でしたが、舞台美術なども手がけていたそうです。 2017/03/31

srahitsuji

1
図書館の新着本にあった縁で手に取った。この画家も、ナビ派についても無知であった。プルーストとの相似性についての指摘に、なるほどと思った。現在ナビ派の展覧会をしているとのこと、「ベッドにて」をぜひ見てみたい。2017/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11278937

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。