「知の再発見」双書<br> サンティアゴ・デ・コンポステーラと巡礼の道

個数:

「知の再発見」双書
サンティアゴ・デ・コンポステーラと巡礼の道

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月05日 16時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 158p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784422212197
  • NDC分類 196.8
  • Cコード C0316

出版社内容情報

エルサレム、ローマとともに世界三大巡礼地とされる当地の歴史と、巡礼路を彩るキリスト教建築物を多くの図版で紹介する。

9世紀にスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラで、イエス・キリストの使徒・聖ヤコブの墓が発見された。その後、キリスト教国はイスラム教国との領土争いの中で、しだいに聖ヤコブを守護聖人として崇拝するようになり、この地への巡礼が盛んになっていく。エルサレム、ローマとともに世界三大巡礼地の一つとされるサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼の道の歴史と、巡礼路を彩るキリスト教建築物を多くの図版で紹介する。

第1章 「ムーア人殺し」の聖ヤコブ
第2章 中世の巡礼
第3章 サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
第4章 ロマネスク美術の栄光をたたえて
第5章 サンティアゴ・デ・コンポステーラへの到着
資料篇

内容説明

9世紀に現在のスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラで、イエス・キリストの使徒のひとりである聖ヤコブの墓が発見された。その後聖ヤコブ崇拝が広まり、サンティアゴ・デ・コンポステーラは聖地となった。キリスト教文明が最盛期をむかえた中世には、大規模な巡礼が行われた。

目次

第1章 「ムーア人殺し」の聖ヤコブ
第2章 中世の巡礼
第3章 サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
第4章 ロマネスク美術の栄光をたたえて
第5章 サンティアゴ・デ・コンポステーラへの到着
資料篇―聖ヤコブと巡礼者たち(聖ヤコブの肖像;巡礼者たち;全ヨーロッパでの評判;旅の手帳)

著者等紹介

バラル・イ・アルテ,グザヴィエ[バラルイアルテ,グザヴィエ] [Barral i Altet,Xavier]
1947年生まれ。レンヌ第2大学(フランス)名誉教授。専門は中世美術史、建築史。プリンストン高等研究所(アメリカ)の元研究員。ゲッティンゲンのドイツ・フランス史研究代表団の元団長。バルセロナ(スペイン)のカタルーニャ美術館の元館長

杉崎泰一郎[スギザキタイイチロウ]
1959年生まれ。上智大学文学部史学科卒。中央大学文学部教授

遠藤ゆかり[エンドウユカリ]
上智大学文学部フランス文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takao

0
おすすめ。9世紀に聖ヤコブの墓が発見されたことから。2016/08/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6656129

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。