「知の再発見」双書<br> シトー会

個数:

「知の再発見」双書
シトー会

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年04月17日 12時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 158p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784422212159
  • NDC分類 198.25
  • Cコード C0316

出版社内容情報

11世紀末、フランスの荒野に建てられたシトー修道院を起源とするシトー会。建造物や美術作品などから、その歴史と現在をたどる。

シトー会は、11世紀末のフランスで『聖ベネディクトクスの戒律』を順守するために、荒野に建てられたシトー修道院を起源とする。修道士たちは孤独と清貧を求めて労働と祈りの生活を営むが、シトー会の発展とともに、厳格であったその規律が緩んでいく。シトー会の制度、建造物や美術作品などを紹介しながら、シトー会の理想が歴史の中でどのように実現し、また変質し、改革を繰り返しながら現代に受け継がれていったかを綴る。

第1章 シトー会の見た夢
第2章 シトー会の歴史
第3章 シトー会の制度
第4章 シトー会の遺産
資料篇――孤独と清貧を求めて

内容説明

1098年3月21日、聖ベネディクトゥスの祝日に、モレーム修道院長ロベールは、フランス東部のディジョンに近い場所に、「新修道院」を設立した。これがのちにシトー修道院と呼ばれるようになるもので、ここからシトー会が誕生した。

目次

第1章 シトー会の見た夢
第2章 シトー会の歴史
第3章 シトー会の制度
第4章 シトー会の遺産
資料篇―孤独と清貧を求めて

著者等紹介

プレスイール,レオン[プレスイール,レオン][Pressouyre,L´eon]
1935年生まれ。パリ第1大学教授をつとめた。専門は中世考古学。おもにフランスで発掘作業にたずさわり、ロマネスク様式やゴシック様式の彫刻作品を中心に復元を進めた。2009年没

杉崎泰一郎[スギザキタイイチロウ]
1959年生まれ。上智大学文学部史学科卒。中央大学文学部教授

遠藤ゆかり[エンドウユカリ]
上智大学文学部フランス文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。